PR

 ラベル型の無線ICタグを大量に発行するための装置。ICタグを発行するときは、装置内に内蔵しているリーダー/ライターを使ってICタグにデータを書き込み、同時にICタグの表側にバーコードや商品名などを印字する。

 ラベル型のICタグは、ロール状の台紙に張られた状態で、ICタグ・ラベル・プリンタ内部にセットしておく。内蔵のリーダーは、発行するICタグが故障していないかどうかもチェックする。

関連キーワード●無線ICタグ、リーダー/ライター




本記事は2005年12月26日発行のムック「無線ICタグ活用のすべて」(詳細はこちら!)の記事を基に再編集したものです。