PR

 Rich Site SummaryまたはRDF(Resource Description Framework) Site Summaryの略。Webサイト上にある記事の見出しや記事の要約などの一覧を作成するための、XML(拡張マークアップ言語)フォーマットの一つ。Webを利用したコンテンツ配信の仕組みとして、RSSへの関心はどんどん高まっている。

 サイトの運営者が情報発信しやすく、利用者はRSSで記述したファイル(RSS文書)を取得すれば、サイトの概要を把握できる。Internet ExploreやFirefoxといった代表的なWebブラウザで直接閲覧できるようになったことで、急速に利用が広がっている。

 RSSは、旧ネットスケープ・コミュニケーションズが社内ポータル・サイトの記事配信用に、記事の見出しや、その記事のURL、要約、更新時刻、著作者などを記述するタグを定めたのが最初。1999年3月に「RSS0.9」として外部に公開した。現在は、Web関連の標準化団体W3Cが「RSS1.0」として規定している。RSS1.0は同0.9と互換性がない。互換性を重視するユーザー・コミュニティが「RSS(Real Simple Syndication)2.0」を規定した。RSSの後継として策定されたものにatomがあるが、現在もRSSは広く利用されている。

 ブログが採用したことが普及のきっかけだった。最近は、RSS文書を掲載するニュース・サイトやオンライン商店が増えている。音声ファイルを配信できるポッドキャスティングも、RSSを用いる。