PR
図 日本Sambaユーザ会
図 日本Sambaユーザ会
[画像のクリックで拡大表示]

 Windowsネットワークのファイル/プリンタ共有機能を提供するソフト。LinuxやUNIX系OSで動作する。オープンソース・ソフトとして提供されており,誰でも無償で利用できる。

 Sambaは,オーストラリアのAndrew Tridgell氏らが1992年に開発した。比較的高価なWindowsのサーバーOSを利用せずに,Linuxを使ってWindowsパソコン向けのファイル・サーバーおよびプリントサーバーを構築できるため広く普及した。

 安定稼働する最新版はSamba 3.0系列(3.0.28)である。新版では,Windowsの「Active Directory」ドメインにメンバー・サーバーとして参加する機能が提供された。日本語版(Samba 2.2系列)もあり,日本Sambaユーザ会 (Samba Users Group Japan)のWebサイトで入手可能()。