PR

 データセンターの利用形態の一つ。データセンター事業者が保有するサーバーやネットワークを借りて,その上でアプリケーションを稼働させる。レンタル・サーバーと呼ばれることもある。1台のサーバーを複数ユーザーで共有する共有型と,自社専用で使う専有型がある。

 データセンター利用開始時にサーバー購入費用が不要なことや,サーバーが不要になった際に遊休資産にせずに済むことがメリットである。初めは最小限のサーバー台数で開始し,事業規模の拡大に伴ってサーバーを増やしたい,ECサイトなどでの利用が多い。

 共有型ホスティングでは,一般に利用できるOSやミドルウエアに制限がかかる。また,同一サーバー内でほかのユーザーとアプリケーションが混在するため,パフォーマンスの影響を受ける場合がある。ただし,共有型ホスティングは専有型に比べて価格が安い。

 最近では,この共有型ホスティングのサービスを,仮想サーバーとして提供するデータセンター事業者が増えている。利用するCPUやメモリーを細かく調節できるので,リソースの無駄が発生しにくいというメリットがある。