PR

 ウィジェットとは、デスクトップやWebページ上で動く小規模なアプリケーションのこと。時計、カレンダー、計算機、メモ帳といった単機能のものが多い。同様のアプリケーションをガジェットと呼ぶこともあり、提供元によって呼称が変わる。例えばアップルとヤフーはウィジェット、マイクロソフトとグーグルはガジェットと呼ぶ。

 アップルは「Mac OS v10.4」から標準で複数のウィジェットを搭載。マイクロソフトの「Windows Vista」でもガジェットを標準搭載している。JavaScriptで比較的容易に開発できるため、インターネット上では多数のウィジェットが流通している。

 OS標準のウィジェットでない場合、ユーザーが利用するにはウィジェットの動作環境を用意する必要がある。例えば、ヤフーが配布するウィジェットを利用する場合は「Yahoo!ウィジェットエンジン」、グーグルが配布するガジェットを利用するには「Googleデスクトップ」のインストールが必要になる。

 このほか、Webページ上で動作するウィジェットもある。グーグル提供のカスタマイズホームページ「iGoogle」ではニュースやカレンダーなど多数のガジェットが用意されている。最近では、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)のプラットフォームオープン化にともない、SNS上で動作するウィジェットも多数登場している。また、NTTドコモの「iウィジェット」のようにケータイ上で動作するウィジェットも登場している。

 利便性の高いウィジェットは多数のユーザーに継続的に利用される。デスクトップやよく利用するWebページに常に表示されることから、企業がロイヤルティ向上やブランディングの目的で制作するケースも多い。