PR

 天井高とは,建物内部の空間の高さのことです。通常,データセンターのサーバー室には,フリーアクセスのフロアが敷設されているため,天井高はフリーアクセスのフロアの上面から天井板の下面までの高さとなります。

 データセンターでは,排熱処理の面から十分な天井高が必要です。サーバーから排出される暖かい空気は上部に流れるので,天井が低いと排熱がラック前面に回り込み,サーバーが暖気を吸って動作が不安定になることがあります。最近では,ブレードサーバーなどの高集積サーバーから大量の排熱があるため,ラック上部の空間を確保することはより重要になってきています()。

図●天井が低いと,排熱がラック前面に回り込む
[画像のクリックで拡大表示]

 米国のデータセンターの規格を定めたTIA-942には,天井高の基準が示されています。TIER 3やTIER 4の高規格のデータセンターでは,最低3000mmの天井高を必要とし,かつ,ラック上部から天井までの高さを,TIER 3では460mm(18インチ),TIER 4では600mm(24インチ)確保するよう規定しています。

大成建設 IT施設計画室
課長 諏訪 浩一

IT施設計画室は,データセンターの企画・設計を手掛けるデータセンターの専任部署。データセンターに適した土地かどうかの調査や,データセンターの設計・施工に豊富な実績を持つ。同社のIT部門に所属していた担当者が多く,現場のシステム運用を理解していることも強み。データセンター・プロジェクトチームは,IT施設計画室を核として,各部門の専門家が集まった組織。諏訪氏はプロジェクトチームの一員。