PR

 MeeGoとは、米IntelのMoblinと、フィンランドNokiaのMameoという2社のモバイル向けLinuxを統合したプラットフォームです。2010年第2四半期に最初のバージョンがリリースされる予定です。両社が2010年2月15日に統合を発表しました。

 NokiaとIntelは2009年6月に提携を発表、モバイル向けLinuxでの共通技術の開発に取り組んでいました。今回、OSの統合にまで踏み込んだことになります。

 MeeGoは、Moblinがベースになります。ただしアプリケーション開発用のライブラリは、Mameoが採用していたNokiaのオープンソースGUIライブラリであるQtが標準になります。Moblinでは、GTKをベースにしたClutterと呼ぶGUIライブラリを提供していましたが、MeeGoでもClutterで開発したアプリケーションは動作するとしています。

 またMoblinはIAアーキテクチャのAtomをターゲットにしていましたが、ARMアーキテクチャでも動作可能になります。NokiaのMameoはARMをサポートしていました。

 アプリケーションをダウンロードしたり購入したりできるサービス「アプリケーション・ストア」として、Moblin向けにはAppUp Center、Mameo向けにはOViが開設されています。MeeGoではAppUp CenterとOViの両方が利用できるようになります。

 Moblinのコミュニティは、Linux推進団体であるThe Linux Foundationが運営していました。MeeGoのコミュニティもMeeGo.comThe Linux Foundationが担当します。