PR

 スマートフォンやタブレットを活用したモバイルシステムを構築するために必要なバックエンドの機能を提供するクラウドサービス。システムを迅速に構築するためのサービスとして注目を浴びる。


 「ITを所有するものから利用するものへ」というコンセプトで普及が進むクラウドサービス。その種類はこれまで3つに大別できました。

 (1)サーバーやネットワークといった「ITインフラ」を提供するIaaS(Infrastructure as a Service)、(2)それにシステムのソフトを開発・実行する「プラットフォーム」を加えたPaaS(Platform as a Service)、(3)PaaSを使ってメールやCRM(顧客情報管理)といった完成品の「ソフト」を提供するSaaS(Software as a Service)です。

 ここに、急速に普及するスマートフォンやタブレットを活用したモバイルシステムに特化した新しいクラウドサービスが加わり、ここ1年で注目を集めています。BaaS(Backend as a Service)です。

機能:認証やデータ管理など様々

 モバイルシステムは一般に、モバイル端末で動くクライアントソフトと、そのソフトとデータをやり取りするサーバーソフトからなります。BaaSでは、モバイルシステムのサーバー側、つまりモバイル端末を利用するユーザーからは見えないバックエンドで用意しておかなければならないソフトウエアをサービスとして提供します。前出の3つのクラウドサービスと比べてみると、SaaSに近いPaaSと言えます。

 BaaSがサービスとして提供する機能は、ユーザー管理・認証や、データ・コンテンツの管理、クライアントソフトへの情報通知です。このほか、GPS(全地球測位システム)やSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)との連携機能などもあります。