PR

 かの悪名高き「Blue Screen Of Death」(死のブルースクリーン)を模倣したジョークソフトを,Microsoftが自社のウェブサイトで提供している。

 Microsoftは,11月初めに行ったTechNetウェブサイトの更新に際し,7月に買収したWinternals Softwareの「Sysinternals」ツール群を追加した。Sysinternalsは,Windowsのシステム管理およびトラブルシューティングのためのプロ用システムユーティリティを提供するソフトウェアダウンロードサイトで,これまでにも偽のBlue Screen of Deathを表示するソフトを提供していた。

 「BlueScreen Screen Saver v3.2」というこのアプリケーションは,名前の通りスクリーンセーバーなのだが,ウイルス対策製品のベンダー各社は,これを快く思っていないようだ。

 たとえばMcAfeeは,このソフトウェアをダウンロードしないようにとユーザーに強く呼びかけている。McAfeeのセキュリティ調査チームは今週,ZDNet UKの取材に対して次のように述べた。「無害なものなのに誤って検出したというわけではない。このソフトウェアは恐怖心をあおるので,われわれは意図的に,これを『Joke-Bluescreen.c』として検出している」

 Microsoftは,BlueScreenの提供継続を決めた理由を明らかにしていないが,関係者の1人は「ほんの軽いお遊びだ」と話している。

 BlueScreen Screen Saver v3.2は,ソフトウェアのエラーが原因でWindowsが予期せずフリーズしたときに現れる,あの恐ろしいBlue Screen of Deathそっくりの画面を表示する。Blue Screen of Deathは,長年にわたってIT管理者やユーザーを悩まし続け,同時に,Microsoftのコーディング能力について,止まるところのない批判を呼び込んできた。BlueScreen Screen Saver v3.2はさまざまなBlue Screen of Deathを順番に表示し,インストールされたパソコンの実際の設定に基づいて,ブート画面のシミュレーションを15秒ごとに表示する。

 Microsoftのサイト上にあるBlueScreenのページには,こう記されている。「NTの世界で最も恐れられている色の1つは青だ。BlueScreenはBlue Screen of Deathを忠実に模倣するだけでなく,システム起動時に表示されるスタートアップ画面も再現するスクリーンセーバーだ。高度な知識を持つNT開発者さえ,精巧なシミュレーションにだまされるだろう。BlueScreenを使って友達をあっと言わせ,敵を脅かそう!」

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

関連記事