PR

 BMWは自動車メーカーとして初めて,「FlexRay」と呼ばれる技術を導入する。FlexRayにより,ドライバーはボタンを押すだけで自動車の走行モードを変更できる。

 FlexRayは,自動車に組み込まれているセンサーやマイクロプロセッサの相互交信を可能にする高速通信規格だ。自動車メーカーでは今後,さまざまな機能にFlexRayを採用する可能性が高い。たとえば,サイドミラーに組み込まれたセンサーが,死角の位置を走る車の情報をマイクロコントローラに送信し,運転手が死角の車の車線に進入しようとするとマイクロコントローラが警告する,といった機能が考えられる。

 「BMW X5」の場合,FlexRayの採用により「AdaptiveDrive」機能が実現している。AdaptiveDriveでは,センサーが走行速度,加速度,ステアリング角度,その他の諸要素についてデータを収集する。これらのデータを自動車のマイクロプロセッサが受信し,そのデータをもとに緩衝装置の制御とアンチロールバー用モーターの旋回を行う。こうして,よりタイトな「スポーティ」モードで走ることもできるし,ボタンを1回押すだけで,ファミリーカーのような比較的ゆったりした走行に切り替えることもできる。

 BMWは,11月末に北米でX5を発売し,2007年春には世界各国で出荷を開始する予定だ。

 Motorolaから分社した半導体メーカーのFreescale Semiconductorは,X5用のマイクロコントローラを供給している。IntelとAMDを除く半導体メーカーにとって,自動車市場は主要ターゲットの1つになっている。他に自動車分野に重点を置く企業としては,NXPやInfineon Technologiesなどがある。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

関連記事