PR

 SunのチーフオープンソースオフィサーのSimon Phipps氏が,「GNU General Public Licenseバージョン3(GPLv3)」への支持を表明した。

 Simon Phipps氏は企業ブログ上で,現在のGPLv3の完成に向けた取り組みは「効果的で並はずれたものだ」と語り,「率直に言って,同ライセンスに対する数々の批判に驚いている」と述べている。

 Sunは11月に,JavaをGPLバージョン2(GPLv2)の下でリリースすることを決定したばかりなので,Phipps氏のこうしたコメントは意外かもしれない。現在,Linuxをはじめ多くのオープンソース製品がGPLv2の下で配布されている。また,Phipps氏の発言が注目に値するもう1つの理由は,同氏が商用ソフトウェアベンダーの幹部だからだ。

 Phippsは先週掲載したブログ投稿の中で次のように述べている。「Sunは,GPLv3の開発プロセスの開始当初から直接的に関わってきた・・・そして,その成り行きに密接に好意的な関心を持ち続けている。私の個人的見解としては,これまでのGPLv3の開発プロセスは,いままでのところ,効果的で並はずれたものだと思う。やや問題のあったドラフト第1版が確固たるライセンスへと変貌しつつある」

 またPhipps氏は,GPLv3を批判する人々は,同ライセンスが前向きな発展を遂げている点を無視しているとし,さらに彼らが指摘している問題点については,開発者らはすでに対策に取り組んでいると付け加えた。「GPLv3の最終版が,Sunが現在支持している,あるいは将来創始するコミュニティーの一部にとって有効なツールでないとしたら,私にとって大変な驚きだ」(Phipps氏)

 Phipps氏がこれらのコメントを掲載した目的は,SunがGPLv2の下でJavaをリリースする決断を下した理由を説明するとともに,同社がGPLv3に対し批判的であるとの指摘に反論することにある。Phipps氏は,Sunのアプローチを正当化しようとした。

 「Sunは,ライセンスの内容を把握せずに信用し,このような重要なコードに使用することはできなかった。Javaは40億種の機器に使用されている・・・そのため,後々GPLv3がそれらの機器に有害であると判明するリスクは,たとえそのリスクがいかに小さくても,甘受することはできない。GPLv3が完成する前にそれに取り組んだからといって,管理責任を負うとは思えない」(Phipps氏)

 Phipps氏は,現在のところJavaプラットフォームはGPLv2の下でのみライセンス供与されるとしながらも,最終的にSunがGPLv3を利用できるようになることを願っていると付け加えた。「恐らく,GPLv3が完成するまでJavaプラットフォームのオープンソース化を延期することもできただろうが,それまでの期間があまりに長すぎて,とても待ちきれないと感じた」(同氏)

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したも のです。海外CNET Networksの記事へ

関連記事