PR

 Microsoftからの依頼に基づき実施されたある調査によると,「Windows Vista」の発売によって,米国内で10万人分のIT雇用が創出される可能性があるという。

 この調査を実施したIDCは,Microsoftが2007年に得るVista関連の売り上げ1ドルにつき,技術業界全体に18ドルが舞い込む計算になると推計している。

 Windowsクライアント部門のゼネラルマネージャーを務めるBrad Goldberg氏は「結論として,Windows Vistaが雇用を創出すると言える」と述べた。

 Microsoftは以前に欧州地域を対象とした同様の調査を実施しており,Vistaの発売により,欧州主要6カ国で5万人分の雇用が創出されるとしていた。

 Vistaは企業向けには11月末より提供されている。さらに2007年1月には小売店で発売されるようになるほか,これをプレインストールしたPCも出荷される予定だ。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ