PR

 米国時間12月12日にリリースされたMac版「Microsoft Office」のセキュリティアップデートは,間違って提供されたものだったとMicrosoftが発表した。同アップデートはまだテスト中で,Microsoftはユーザーにこれをアンインストールするよう推奨している。

 Microsoftのセキュリティ部門関係者は米国時間12月13日,同社の「Security Response Center Blog」に,「人為的なミスにより,テストリリースプロセスを完全に終えていないパッチを,誤って公式ウェブサイトに掲載してしまった。われわれは,ミスに気づいた直後に対応策を採り,先にリリースしていたバイナリを公式サイトから削除した」と記している。

 一方,Microsoftでセキュリティプログラム主任マネージャーを務めるMike Reavey氏は,誤って掲載されたアップデートと,最近発覚した「Word」の2件の脆弱性の間には関連性はないとブログの中で強調している。これら2件の脆弱性のうち1件は,OfficeのMac版に影響を与えるものである。Microsoftは現在も同脆弱性について調査中だという。

 新たなパッチの再提供がいつ頃になるのかは,明らかにされていない。

 Reavey氏のブログ記事には,「今回の問題に関する調査を終わらせ,新たなセキュリティアップデートの品質が当社のリリース基準を超えていることを確認できれば,影響を受ける全製品の最終的なセキュリティアップデートを,セキュリティ情報とともに発表する予定だ。こうしたミスが二度と起こらないようにする対策も練っている」と書かれていた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

関連記事