PR

[K4]
2月9日(金) 11:30~12:30

情報サービス・ソフトウェア産業維新時代への新しい対応

「情報サービス・ソフトウェア産業維新」、産業構造審議会の情報経済分科会、小委員会が作成した報告書の表題にも見られるように、この産業の変革が求められている。社会インフラとなったIT利用を支えている産業の構造が、重要性に応えられるように強化されなければ、今後の安心、安全な社会の維持に不安が生ずる。新しいIT利活用の促進は待った無しであるが、既存のシステムの再構築なくては、新しいものの追加は難しい。既存システムに関する暗黙知を持ったベビーブーマーのリタイアに際して、後に続く者へそれらをどう形式知化して引き継ぐか。2007年を迎えて、解決すべき大きな課題である。新しい時代への対応方法を考察し述べたい。

CSKホールディングス 取締役 有賀 貞一氏