PR

[C1]
2月7日(水) 13:00-14:00

内部統制、運用管理、システム監視、Active Directory

企業力に差をつけるシステム運用監視と統制強化

会社法や金融商品取引法(J-SOX法)導入により内部統制が義務化され、業務に必須のITも統制の対象となりました。IT統制の対象は、業務システムのみではなくITインフラや運用体制に及びます。統制を実現するためには、明確な職責分担を行うとともに作業の結果を監査できるような仕組みが必要です。例えば、多くの企業で採用されているActive Directory管理については付属の機能では提供されない、過剰な権限を与えない仕組みと監査の仕組みを加える必要があります。その他インフラの運用や監視についても同様です。本講演では、規制に負けない企業力をつけるための、IT全般統制のあり方と、その為に有効な"使える"ソリューションをご紹介します。

NetIQ
製品企画マネージャ
堀田 昌昭氏