PR

 知名度の高いオープンソースプログラマーJeremy Allison氏が,Microsoftとの特許関連の提携に異議を唱え,Novellを退社してGoogleに移る。

 Allison氏は辞表に,Microsoftと結んだ特許協約はNovellとオープンソースコミュニティーとの関係を破綻させた,と書いている。同氏は,立ち上げに携わったSambaの開発をGoogleで継続する。Sambaは,Windowsネットワーク上でLinuxサーバがファイルを共有できるようにするソフトウェア。

 Allison氏はNovell経営陣あてに送ったメッセージを引用し,「Microsoftとの特許協約がある限りコミュニティーとの関係は修復できない。われわれはのけ者である」と辞表に書いた。Allison氏は2005年にHewlett-Packard(HP)からNovellに入社した。

 オープンソースの法律関連問題を監視するGroklawというサイトは,米国時間12月21日にAllison氏の辞表を公開した。Allison氏は21日,この辞表をNovellの社内メーリングリストに送信したことを明かし,これが本物であることを正式に認めたが,Novell退社の詳細についてはコメントを控えている。

 Googleは,オープンソースソフトウェアの主要ユーザーであり,複数のオープンソースプログラミングプロジェクトにも参加している。同社には,LinuxのリーダーLinus Torvalds氏の重要な右腕であるAndrew Morton氏も所属する。

 Novellの広報担当Bruce Lowry氏はAllison氏の見解に対するコメントを控えているが,同社にはまだSambaのプログラマーが2人残っている,と明かした。Lowry氏は,「活躍を祈っている」と語っている。

去る者あれば来たる者あり

 一方Novellは,オープンソース業界の別の大物で,SUSE Linuxを共同開発したHubert Mantel氏を再雇用した。同氏は2005年11月に同社を退社したが,2006年12月付けで復帰した。同氏はオンライン雑誌Data Managerとのインタビューのなかで,「自分の将来のことを1年以上考える時間があり,自分にとって最も関心があるのは今もLinuxだ,との結論に至った」と語った。

 Mantel氏は,Microsoftとの提携についても擁護している。同氏は先のインタビューのなかで,「Novellが『悪の帝国』と協業することに不満を抱く意見が多いのは理解できる。しかし,そのようには考えてもらいたくない。われわれは,どこかを敵に回して仕事をしているのではない。Linuxのために仕事をしているのだ。原理主義は必ず痛みが伴う。提携は,特にユーザーにとって良いことだと思う」と語っている。

(この記事は現在翻訳中です。随時更新していきます)

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

関連記事