PR

 クリスマスの週末,The New York Times紙が,深刻な事態となる危険性がある「Windows Vista」の脆弱性について記事で取り上げた。この報道に対し,ブロガーらが盛り上がりを見せている。

 The New York Times紙に掲載されたこの記事は,あるロシア人プログラマーが12月中旬に発見した脆弱性を取り上げている。当時,このプログラマーによる書き込みはあまり注目を集めなかった。ところが米国時間12月22日になって,Microsoftがこの脆弱性を「厳重に監視している」ことを実際に認めている。同社が認めたことから,この脆弱性に対する関心が一気に高まった。これを悪用すると,Vistaを含む同社の最近のOSすべてでユーザー権限を引き上げることが可能になってしまう。

 ブロガーの中には,何1つ正しいことができない,というMicrosoftに対する典型的な意見もあれば,新OSの開発に関してはMicrosoftに厳しすぎる,との意見もある。

以下はブログコミュニティーの反応

 「バグなどなく,脆弱性に対しても無敵だというMicrosoftの確かな評判を考えれば,Vistaにバグが多いことは絶対に考えられない。皮肉だというニュアンスが伝わると良いが」――Gearfuse

 「少しでもIT業界にいる人には以前から分かっていることだ。OSの新バージョンが出ると,最初の6-12カ月間は大きなバグやセキュリティホールがあるものだ。「Service Pack」という概念はそこから生まれたのだ。Vistaのケースが普通より大きく騒がれているのは,Vistaの狙いが非常に野心的だからだと思う。複雑なコーディングに「バグ取り」はつきものだ。問題は,そのテスト環境を本番環境に移したいかどうかだ。おそらく移したいとは思わないだろう」――Train Signal Training

 「(Windows)XPではサービスパックを2回リリースしているが,それでも脆弱性がいくつか残っていることを忘れないで欲しい。正直なところ,Vistaにアップグレードしたいと思わせる理由は,人目を引くインターフェースしかない」――Case Forum

 「OSに全く脆弱性がない,と思っている人はいない。Vistaの問題は,エクスプロイトコードを簡単に開発できるほど多くの脆弱性(しかも,その多くはOSの基本構造に関するもの)を残してMicrosoftがソフトウェアを開発し続けてきた点だ。Vistaの品質が過去数バージョンのWindowsと同じくらい低いかどうかを見極めるには時期尚早だが,ここまでの様子から判断すれば全く良くない。Vistaに対価を払うという賭けに出る理由は,私には見いだせない」――Macsaresafer(CNET News.comのTalkbackより)

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ