PR

ヒューレット・パッカード カンパニー(カリフォルニア州パロアルト、以下:HP)は2006年11月27日(米国時間)、企業向けネットワーキング・ソリューションを提供するProCurve(プロカーブ) Networking部門(以下:ProCurve)が、売上高、ポート出荷数およびPoE(Power on Ethernet)ポート出荷数において、いずれも世界第2位のポジションを獲得したことを発表しました。これは、大手市場調査会社Dell’Oro Groupが発表した最新の調査結果によるものです。

2006年第3四半期(7月~9月)中、ProCurveの売上高ベースの世界市場シェアは前期比15.5%増加し、また、ポート出荷数も前期比20.4%増を記録しました。いずれもエンタープライズ・ネットワーキング分野の市場成長率を上回るものです。

Dell’Oro Groupはまた、レイヤ2からレイヤ7までを通じた全ポート出荷数およびPoEポート出荷数において、ProCurveが最も成長著しいベンダであることも報告しています。

HPのProCurve Networking部門バイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーであるジョン・マクヒューは、「ProCurveの優位性は、最新かつ他社の追随を許さないソリューション、使いやすさ、信頼性、セキュリティ、そして相互運用性とオープンスタンダードという、我々が注力する5つの重要な要素にあります。今回、売上高ベースで世界第2位のシェアを獲得できたのは、こうした優位性が評価された結果であるとともに、セキュリティを強化し、生産性を向上させ、さらに構築や運用の複雑さを解消するネットワークを提供するための我々の取り組みに対する市場の理解が一層高まったことも大きな理由のひとつと考えています」と述べています。

2006年第3四半期のEthernetスイッチ市場全体について報告しているDell’Oro Groupのレポートによると、ProCurveはポート出荷数ベースで8.4%のシェアを獲得、さらに、PoEポートの出荷数においては市場成長率が24.5%であるのに対して、ProCurveは82.5%も増加しました。

25年以上にわたってネットワーキング・ソリューションを提供しているProCurveは、信頼性が高く、業界標準に準拠した最新のテクノロジ・ソリューションを、翌日交換対応や電話/メールによる無償サポート、製品を保有している限り利用可能な無償のソフトウェア・アップデートなど、他にはないライフタイム保証とともに提供しています。

http://www.procurve.jp