PR

株式会社モバイル・テクニカ(以下、モバイル・テクニカ)は、ネソシエ株式会社(以下、ネソシエ)との技術提携により、モバイル・テクニカの開発するIPコミュニケーションサーバxCube(クロスキューブ)、ソフトフォンMobbyTouch、無線IP電話機MobbyTalk253(次期WiFi端末)にネソシエのソフトVPN技術を搭載し、ソフトウェアによるTCP層VPN、NAT越え、AES暗号化を実現した端末として4月1日より順次製品販売を開始することを発表いたします。

ネソシエのソフトVPN技術を搭載することで、従来オフィス内及び事業所間でしか使用できなかった内線電話が、ポータブルなコミュニケーションツールとして利用できるようになります。ユーザは、番号を変更することなく、自宅や外出先、出張先のホテル等あらゆるインターネット環境および無線LAN環境でオフィスの内線電話と同様に、ソフトフォン/無線IP電話機の使用が可能となります。

この度のNET&COM2007では、IPコミュニケーションパビリオンのシアターにて、上記新技術につきましての講演を行わせていただきます。
皆さまのご来場をお待ちしております。

◇講演タイトル:
「モバイル・テクニカのIPコミュニケーションにおけるモバイル戦略」

◇講演スケジュール:
2月7日(水) 12:00~12:20
2月8日(木) 14:30~14:50
2月9日(金) 10:30~10:50

◇モバイル・テクニカ ブース
東5ホール ブースNo 5908 IPコミュニケーションパビリオン

【モバイル・テクニカ ホームページ】http://www.mobiletechnika.jp/
・プレスリリース詳細
http://www.mobiletechnika.jp/release/news_070202.html