PR

 CNET Networks Inc.が米国で運営するCraveでは時折,天文学ファンにお勧めの製品を紹介している。しかし,天体望遠鏡やホームプラネタリウムは高くて手が出せないという人たちにお勧めなのが,無料で利用できるウェブサイトのWikiskyだ。Wired Scienceのブログでは,Wikiskyのことを「宇宙版Google Earth」と,的確に表現している。このサイトでは,グラフィックやSloan Digital Sky Surveyから提供された写真を利用しながら,夜空に輝く星座を眺めたり,隣接する領域に移動したりできる(なお念のため,このサイトはwikiではない)。


 インターフェースそのものはGoogle MapsやGoogle Earthほど分かりやすくはないが,これも,地球の地理ほど星座の配置に詳しくないせいかもしれない。また,グラフィックモードでも表示に時間がかかり,Google Mapsで用意されているキーボードのショートカットが使えず,縮小や拡大がしづらいという難点もある。

 このプロジェクトはまだ完成していないようだ。現在,全体の4分の1という限られた範囲の夜空しか表示できない。だが,これは素晴らしいアイデアのサイトである。Wikiskyが大きくなって,より多くの機能を備えるようになれば,天文学ファンにとって最高の情報源になるだろう。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

関連記事