PR

 Microsoftの関係者が米国時間4月26日,「Office 2007」で強化されたセキュリティ機能の一部を「Office 2003」でも利用できるようにする計画を明らかにした。

 同社のOffice担当技術製品マネージャーJoshua Edwards氏によれば,「Service Pack 3 for Office 2003」はセキュリティに重点を置いたものになるという。同氏はCNET News.comの取材に対し,「Office 2007の開発を通して学んだことを,Office 2003にも最大限に生かしていくつもりだ」と述べた。

 Office 2003のアップグレードはほかのサービスパックと同じく無料で提供される予定だが,Microsoftはリリース期日をまだ決めていない。また,同社はアップデートの内容に関する詳細を公表しておらず,Office 2007に実装した機能を「反映させる」とだけ話している。

 Edwards氏はアップグレードに含める機能について,「すべてを取り入れるわけではないが,できるかぎり多くのものを生かしたい」と述べた。

 アプリケーションおよびファイルパーサーの攻撃に対する防御力を上げる変更の多くは,ユーザーにはわからない形で追加される,とEdwards氏は述べる。こうした変更が加わることで,Officeアプリケーションの脆弱性を悪用する攻撃から身を守れるようになる。とりわけ特定の組織を標的としたこの種の攻撃が,最近は増える傾向にある。

 このほかにも,任意の暗号化メカニズムを選択できる機能など,一部のユーザー向け機能がOffice 2003に搭載される予定だ。例えば,Office 2007に追加され,米国政府もその必要性を認めた「Suite B」のような暗号化技術を,標準的なAES暗号化技術の代わりに使用できるようになると,Edwards氏は説明した。

 Office 2003の最後のサービスパックは,2005年9月にリリースされている。同パックも,セキュリティ面の強化やアプリケーションの安定性の向上が重視されたもので,「Microsoft SQL Server 2005」および「Microsoft Visual Studio 2005」のサポートが追加されていた。

 Office 2007の一般提供は,2007年に入ってから始まっている。同版には新たなファイルフォーマットが含まれており,ユーザーインターフェースも大幅に刷新された。またMicrosoftは,「Trust Center」と呼ばれる新インターフェースを搭載して,Office 2007のセキュリティ機能を強化している。Office 2007ではこれまでのところ,少なくとも1件の深刻なセキュリティバグが見つかっている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

関連記事