PR

 カリフォルニア州クパチーノ発--ここ1年で50%の株価上昇を実現したApple最高経営責任者(CEO)のSteve Jobs氏なら,ストックオプションのバックデートや環境対策に関する株主の質問を一蹴しても問題ないようだ。

 Jobs氏は米国時間5月10日,同社が毎年開催する株主総会に出席したAFL-CIOやGreenpeaceの関係者の質問に対し,これらを茶化すように回答して大半の株主から笑いを引き出した。株主からは,オプションの割当日に関する方針に関するものや,幹部報酬を株主による投票に委ねるといったものなど,複数の提案があった。

 これらの提案はいずれも予備投票で否決された。

 Appleの取締役会には,Apple株ストックオプションのバックデートに関するJobs氏の行動を擁護したことを巡り,Institutional Shareholder Servicesなど,一部のコーポレートガバナンス組織から不満の声が上がっていた。米証券取引委員会(SEC)による調査では2人の元Apple社員が不適切な行動の責任を問われたが,この調査は同社には責任を問わず,Jobs氏も一切責任を問われなかった。

 労働組合AFL-CIO関係者で,株主による幹部報酬監視を求める株主提案の発起人でもあるBrandon Reeses氏による一連の激しい質問に対し,Jobs氏は「SECまでもが関与する陰謀でもないかぎり,私にはなんとも言いようがない」と答えた。

 Reeses氏はJobs氏に対し,オプションのバックデートによって得た利益を返済する意志があるかどうか尋ねた。Appleは,権利行使日を入念に選んだオプションをJobs氏が2回に分けて受け取ったことを認めているが,同氏はこれらのオプションを全く行使せず,2003年に制限つき持ち株付与の形にしていた。

 Jobs氏によると,2001年10月に付与されたオプションは,実際には株価が低かった2001年8月に取締役会の承認を得たものだったという。「会社には返済を迫らなかった」と同氏が反論すると,Apple本社に集まった数百人参加者らから一斉に笑いが巻き起こった。

 一方,ストックオプションのバックデートが会計処理に与える影響はJobs氏も認識していたと証言し,SECにも責任を問われた元最高財務責任者(CFO)のFred Anderson氏に関する質問もあった。Jobs氏はこの質問に対し,Anderson氏はオプションのバックデート処理を認識しており,財務報告書がオプションパッケージの本来の費用を反映するようもっと努力すべきだった,と示唆するSECの地区担当幹部の言葉を引用した。オプションのバックデートは当該企業が費用を計上している限り何の問題もないが,多くの企業がそれを怠っている。

 また,Teamsters Unionの関係者がAppleの報酬委員会を統括するBill Campbell氏への質問許可を求めたが,Jobs氏はそれを拒否した。Jobs氏の給与は年間わずか1ドルだが,株式付与によって数億ドルの収入を得ることにより,2006年には米国で最高収入のCEOとなった。

 同氏は,「自分には顔を見せることに対して年間50セント,業績に対して残りの50セントが支払われている」などとジョークを飛ばした。TeamstersはAppleに対し,幹部報酬と実績の関係をもっと透明にするよう求めたが,その提案は受け入れられなかった。Hewlett-Packard(HP)の株主は3月にあった同様の提案を仮承認している。

 Jobs氏はさらに強く迫られると,「それほど強い意志があるなら2008年度の取締役に立候補すればよい」と語った。

 Appleの株主総会では環境も長年議題にあがっており,Jobs氏と同社はコンピュータのリサイクルと,Apple製品からの有害物質の排除について一掃の努力を求められている。しかし,Trillium Asset Management CorporationおよびEducational Foundation of Americaの関係者は,Jobs氏が2008年までの有害物質排除を約束したことを受け,Appleの取締役会に環境対策改善手法に関する調査を求める提案を取り下げた。

 それでも,2人のGreenpeace関係者がJobs氏に対し,Appleを地球上で最も環境に優しいコンピュータベンダーにするための一層の努力を求めた。多少気分を害した様子のJobs氏はこれに対し,約束をしながらそれを果たせないでいる企業にもっと注意を向けるべきでは,と大げさな身振り手振りでGreenpeaceを非難した。

 Jobs氏は,「あなたがたは,今後に向けた言葉だけで企業を判断している。エンジニアや科学者をもう何人か雇って企業と話をしたらどうか」と語った。なぜなら,有害物質に代わる安全で信頼性の高い代替製品を見つけるのは本当に難しい技術課題だからだ,と同氏は説明した。

 法人株主が静まりかえると,Jobs氏はAppleの製品プランに関する個人株主の質問を受け付けた。いつものように多くは明かさなかったものの,Jobs氏はApple周辺で噂されていることをいくつか明らかにした。

 「iPhone」は「6月」発売に向け順調に開発が進んでいると,Jobs氏は語っている。同氏は自分専用のものをポケットから取り出して聴衆に見せると,同製品が持つ可能性には興奮しているとした。だが,「携帯電話市場についてはまだまだ学ばなければならないことがたくさんある」とも指摘した。

 また,iTunes Storeでの映画のレンタルやApple TVに関するある質問は,笑いを誘い,「だれにも分からない」というCEOからの不可解な回答も引き出した。また,小売業務担当シニアバイスプレジデントRon Johnsonによると,Appleの小売店が次にオープンするのはカナダのバンクーバーが最も可能性が高いという。

 AppleがiPhone,「Mac」,そして「iPod」に集中していることから影の薄い「.Mac」インターネットサービスも,2008年の今頃までにサービスが改善されると,Jobs氏は語っている。同氏は,.Macが「まだポテンシャルを完全に発揮していないという意見には同意する」と語っている。

 Jobs氏によると,次期バージョンの「Mac OS X Leopard」の延期は自分の責任で判断したという。同社は,iPhoneの発売時期厳守に向け開発者を異動させるため,Leopardの発売を当初予想されていた今春から10月に延期した。

 ある株主からは,ここ最近の好業績で現金残が増えていることを考慮すれば,発売延期を繰り返さぬよう開発者を増やす必要があるのでは,との質問があった。それを聞いたJobs氏は一気にまくし立てた。

 「お金を出すだけで素晴らしい製品を開発できたらどんなに良いだろう。もしそうならMicrosoftは素晴らしい製品を開発している」とJobs氏は語った。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

関連記事