PR

 PaidContentを含む複数のブログが米国時間5月16日,ソニーがClubPenguinと買収について話し合いを進めていると報じた。ClubPenguinは,2005年10月に設立され,ソーシャルネットワークおよびオンラインゲームサイトを子供向けに運営している。買収金額は約4億5000万ドルと報じられている。

 サブスクリプションベース(月額6ドル)のサービスを提供するClubPenguinは,Massively Multiplayer Online Role-Playing Game(MMORPG)形式を取っている。子供たちはペンギンのアバターを使いながら,ゲーム,仮想アイテムの収集,プレーヤー同士の交流を楽しむことができる。PaidContentによると,同サイトの売上高は約6000万ドルで,設立2年未満ながら採算がとれているという。3月におけるビジター数は450万人。

 ソニーによるClubPenguinの買収は現在,確認がとれていない状態にある。しかし,ソニーがMMORPGや仮想世界に関心を持っているのは明らかだ。ソニーは,PLAYSTATION 3用に独自の仮想世界「Home」を発表している。

 MySpaceやFacebookのような10代や大人向けソーシャルネットワークサイトがメディアで話題になっているが,より下の年齢層も無視できない勢力となっている。Webkinzは最近,10代未満の年齢層で人気となった。また,NeoPetsは2005年,MTV Networksによる買収で注目を集めた。

 しかし,結局のところ,これら子供向ソーシャルネットワークの行方は,金銭的に余裕のない10代や20代ではなく,家計を仕切っている父親や母親に依存している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

関連記事