PR

 ビデオゲーム市場の売り上げに関する権威として認知されている米市場調査会社NPD Groupは米国時間5月17日,同業界に関するアセスメントを発表し,その中で4月の家庭用ゲーム機の売り上げに関するレポートを発表した。しかし,Brian Shiau氏は先週,NPDの発表に先駆け,同社のレポート内容を予想するメールを送っていた。

 結果的にShiau氏の予想は完全に的中したわけではなかった。任天堂の「ニンテンドーDS」と「Wii」,ソニーの「PLAYSTATION 3(PS3)」と「PlayStation Portable(PSP)」,Microsoftの「Xbox 360」の売り上げに関する同氏の予想と実際の結果との乖離(かいり)率は平均で15%だった。しかし,同氏の予想は,証券大手Wedbush Morganのアナリスト,Michael Pachter氏の予想と比べても遜色なかった。Pachter氏は,引用されることが最も多い業界アナリストの1人だ。Pachter氏の予想と上記ゲーム機の実際の売り上げとの乖離率はおよそ10.6%だった。

 しかも,1カ月前の時点では,Shiau氏の予想がPachter氏の予想に勝っていた。Shiau氏の予想と実際の結果との乖離率はおよそ15.8%だったのに対し,Pachter氏の予想の乖離率は34.9%もあった。

 実は,Shiau氏の予想は同氏自身の予想ではなく,simExchangeと呼ばれる予想市場に登録する4000人以上の会員の予想だ。Shiau氏は2006年11月に開設した同市場は,ビデオゲーム業界に特化した世界初の予想市場と見られる。

 予想市場は一種の仮想株式市場であり,フォーチュン500企業の米国内の売り上げから政治家たちの選挙での得票数に至るまで,あらゆる物事の予想に利用されるケースが増えている。この予想市場は,New Yorker誌のスタッフライター,James Surowiecki氏の「The Wisdom of Crowds(群集の知恵)」というコンセプトを具現化したものだ。このコンセプトは,個人よりも集団の方が物事の結果をより的確に評価できる場合が多いという意味だ。

 simExchangeは株式市場としての機能を果たしている。同市場の会員は,XboxやPS 3といったハードウェアから「God of War」や「Super Paper Mario」などのソフトウェアに至るまで,あらゆるものの将来の売り上げを予測し,株を取り引きする。

 Shiau氏は,「(simExchangeの開設以前は)予想市場の技術がビデオゲームに適用されていなかった」と述べた上で,次のように続けた。「消費者側から見れば,世間に出回っているゲームはそう多くなく,読むべきレビューの数も限られている。そこで私は,(ゲーム市場に特化した)予想市場を開設すれば,消費者がどのゲームや付属品が最も良く売れるかを見極める上で役立つだけでなく,(ゲーム業界の)専門家たちにも役立つと考えた」

 simExchangeの会員は,現金で実際に「株」を購入するわけではない(中には参加者が現金を賭ける予想市場も存在する)ので,結果によって会員が損したり得することはない。その代わりに,彼らは「DKP」と呼ばれる仮想通貨を賭ける。1DKPは,ゲームソフト,ゲーム機,付属品の1万台(個)に相当する。

 simExchangeの会員がDKPを売買することにより,彼らは全体として,自分たちが賭けている製品が現実世界でどのくらい売れるかを予想できる仕組みだ。奇妙なコンセプトかもしれないが,他の予想市場ではこれがかなり正確であることが証明されている。ただし,参加者が自分たちにとって大切なものを賭けている場合に限られる。

 simExchangeの会員は,現金は賭けないが,成績に基づくレーティングを蓄積している。同市場の会員は元々ビデオゲームやビデオゲームのメカニズムに関心があるため,彼らにとっては点数を競い合うだけで,より正確な予想をしようという動機付けとしては十分なのかもしれない,とShiau氏は分析する。

 simExchangeの4月の予想の中で最も実際の数字に近かったのはPSPに関する予想だ。同市場の会員らは,PSPの4月の売り上げを19万400台前後と予想した。そして17日のNPDの発表によると,実際の売り上げは18万3000台だった。つまり,simExchangeの会員の予想は実際の数字よりもわずか4%だけ高かったことになる。それに対し,Pachter氏は実際よりも9.29%も高い20万台と予想していた。

 「Brian Shiau氏は,新しい活気のあるコミュニティを作ったようだ」と語るのは,予想市場に関するブログMidas OracleのChris Masse氏だ。「今,simExchangeは子供たちに株や先物のメカニズムについて教えるための教育ツールとして大きな注目を集めている。私は(simExchangeを)大いに気に入っている」

 Shiau氏によると,simExchangeは会員ができるだけ多くの情報を入手できる仕組みになっているという。simExchangeのサイトには,売買されているすべての製品のチャネルが存在し,会員らはそこで製品について議論したり,ニュース記事やスクリーンショットといった関連情報を投稿したりできる。

 simExchangeは無料で利用可能だが,ビデオゲーム関連広告の販売をビジネスモデルとしている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ