PR

 One Laptop Per Child(OLPC)プロジェクトのテスト担当者が,メッシュネットワーキング802.11s規格のプレドラフトを使用した無線技術のテストをオーストラリアの奥地で実施し,2kmの距離の通信に成功した。

 OLPCのセキュリティアーキテクチャ担当ディレクターであるIvan Krstic氏は,オーストラリアのクイーンズランド州で先週開催の「AusCERT 2007 Conference」で,そのテストが実施されたオーストラリアの奥地は「ほぼ完璧に近い条件」を提供してくれた,とZDNetオーストラリアとのビデオインタビューに答えて述べた。

 Krstic氏は,OLPCがプレドラフト802.11s技術のテストに踏み切ったのは,それが同プロジェクトに最も有用だったためだと述べた。

 「われわれが訪れている多くの国では,単純にインフラがなく,アクセスポイントがまったくない。放課後子供たちが自分たちの村や家に帰っても,そこには文書やインスタントメッセージ,電子メールなどをやり取りするためのLANも無線ネットワークも存在しない。プレドラフトの802.11s規格を使用すれば,設定を何も行うことなく,複数のホップを横断して機能するネットワークトポロジを創造することができる。すなわち,インターネット接続機能のあるPCさえあれば,その受信範囲にいる人なら誰でも,たとえ数ホップ離れた場所にいても,インターネット接続を共有することができる。」(Krstic氏)

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

関連記事