PR

 セキュリティベンダー各社が,次のプラットフォーム提供先として携帯電話を抱え込むためしのぎを削っているなか,いくつかの企業は身を引き,その決断が正しかったことを確かめている。

 Symantecは米国時間5月29日に電子メールで,同社の新しいモバイル向け新しいセキュリティスイート「Symantec Mobile Security Suite 5.0」の発売を延期することを明らかにした。

 Symantecの新しいセキュリティスイートは,従業員に「Windows Mobile」搭載デバイスを配布している企業向けに開発されている。このスイートには,アンチウイルスアプリケーション,パーソナルファイアウォール,アンチSMSスパムアプリケーション,デバイス本体およびメモリカードに対するデータ暗号化,不要時にBluetoothやワイヤレス機能,同期機能を使用できなくする制御機能,また,オプションでSymantec Mobile VPN 2.6が搭載される。VPNを使用すれば,セキュリティポリシーに準拠したデバイスしかネットワークにアクセスできなくなる。

 現在パブリックベータ版のこのスイートは,今週発売される予定だったが,Symantecは米国時間5月29日に電子メールで,「いくつかの見直しが行われ,われわれはこの製品を秋に予定されている『2008 Norton』製品ラインのサイクルに合わせることを決定した」と述べた。

 この新しいスイートは発売時には,米国の携帯電話だけでなく,世界中の携帯電話も対象となる予定だ。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

関連記事