PR

 Microsoftは米国時間6月27日,「Windows Live」で写真共有サービスとウェブベースのホステッドストレージサービスを開始する。これらのサービスは今のところ,事前に選ばれた数千人のユーザーのみが利用できる。

 1つ目の新サービス,写真共有の「Windows Live Photo Gallery」(ベータ版)は,本質的には「Windows Vista」に組み込まれている「Windows Photo Gallery」のアップグレードといえる。だが,「Windows XP」にも対応した。写真管理プログラムが拡大されており,ユーザーはブログサービス「Windows Live Spaces」に写真をアップロードできるようになった。

 2つ目の新サービスである「Windows Live Folders」(仮称)はオンラインストレージツールで,ユーザーはファイルをバックアップしたり,友人と共有したり,一般に公開するなどのことができる。ベータ版プログラムでは,テストユーザーは500Mバイトの容量を利用できた。Windows Live事業グループ担当ゼネラルマネージャ,Brian Hall氏によると,誰とでもファイルを共有できるが,ファイル共有に招待された人はWindows Live IDを利用してユーザー認証を行う必要があるという。

 Microsoftは今後数カ月の間にいくつかの新サービスを発表する見込みで,今回の2つの新サービスはその第一弾となる。Microsoftは数カ月前からサービスを選別し,大黒柱のHotmailをアップデートする一方で,新しいサービスを追加し,さまざまな製品を密に統合していく戦略のようだ。

 Hall氏はこれを,Windows Liveの「第2世代だ」と説明する。

 MicrosoftがWindows Liveの取り組みを発表したのは2005年11月のことだ。当時,Googleなどの企業が提供しているウェブベースの無料サービスに対抗するものとみられていた。

 今回発表した2つの新サービスにより,Microsoftはライバルに追いつく。Yahooの写真共有サイト「Flickr」はウェブで人気が高い写真共有サービスの1つで,Yahooはオンラインストレージの「Yahoo Briefcase」を数年前から提供している。

 驚きには値しないが,Googleもこの分野を狙っており,ストレージサービス「GDrive」を開発中とうわさされている。Googleはまた,写真共有分野でも争っており,3年前に写真管理サービス企業のPicasaを買収し,強化を図っている。

 「小さな第一歩だ」とHall氏は認める。「これにより,HotmailとMessengerのユーザーは統合された方法でファイルを共有できる」(Hall氏)

 新サービスは,Steven Sinofsky氏が2006年にWindowsおよびWindows Liveの開発統括者に就任した後に進められているWindows Liveの大規模なリフレッシュの一部となる。Hall氏によると,Microsoftは8月から9月にかけて,機能強化されたパレンタルコントロール,セキュリティサービスのOneCareなどの強化を発表する予定という。Microsoftはこのほかにも,複数のWindows Liveサービスを単一のステップでインストールし,共通のアップデート機能を使って最新機能に更新するサービスも提供する予定という。

 HotmailとMessengerは巨大なユーザー数を抱えるが,Microsoftはウェブサービス分野でサービスを拡大するにあたり,苦戦を強いられている。その一方で,Googleはワープロや表計算などのオフィスアプリケーションをウェブ経由で無償提供しており,Microsoftの主力事業であるデスクトップ事業にとって脅威となっている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ