PR

 「iPhone 2.0」に関する推測が早くも飛び交っているが,「iPod nano」のような電話機が2007年後半に予定されているのではないかという話が出てきた。

 Reutersの報道によると,台湾のJP MorganのKevin Chang氏は,初期モデルよりもスリムなiPhoneがまもなく発表されると考えているという。その根拠として,匿名の情報提供者から得た情報と,広く普及しているiPodのスクロールホイールに似たインプットメソッドを利用するスリムデバイスの特許をAppleが申請したことを,Chang氏は挙げている。同氏によると,これによりAppleは,オリジナルのiPhoneをより安価にしたバージョンを出荷可能になるという。

 判断に迷うところだ。タッチスクリーンインターフェースが,iPhoneの大きなセールスポイントである。なぜAppleはそんなに早く低機能バージョンを発売するのか。Chang氏は,スクロールホイールつきiPhoneは「機能が比較的制限される」と述べるが,良い宣伝材料になるようにも思える。Appleは,iPhoneをダイヤル式にでもするつもりなのだろうか?

 より小型のiPhoneはそれでも,ユーザーが洗練された高性能電話機に慣れているヨーロッパやアジアなどの地域にAppleが進出する助けとなるかもしれない。しかし,iPod nanoのサイズのデバイスに必要なコンポーネントをすべて詰め込むには,エンジニアリング上の困難が非常に大きいだろう。Motorolaの電話機RAZRが思い浮かぶが,iPhoneのようなタッチスクリーンを使用しているわけではないし,Mac OS Xを動かしているわけでもない。つまり,より小型で消費電力の少ないプロセッサで済ませることができた。

 iPhone 2.0の話題はこれが最初ではない。5月には,第2世代のiPhoneはデバイスの外部カバーのデザインに第1世代とは異なるものを採用するだろうとの報道があった。また,Appleが2007年後半の発売を予告しているヨーロッパバージョンのiPhoneは,当地で普及しているより高速な3G通信網を利用するというのがほぼ一致した見方である。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

関連記事