PR

 ワシントン発--AT&TがAppleの「iPhone」の販売権を独占的に有していることで民主党の政治家から不満の声が上がった。ただし,何か行動をおこす計画なのかどうかは明らかになっていない。

 「iPhoneの問題は,iPhoneとAT&Tの関係がまるで『Hotel California』のサービスに似ているということだ」と,Ed Markey下院議員(マサチューセッツ州選出,民主党)はEaglesのヒット曲に例えて公聴会で発言した。「いつでも好きなときにチェックアウトはできるが決して立ち去ることはできない」

 米国時間7月11日に開催された連邦議会下院の通信およびインターネットに関する小委員会での公聴会の主題は,「ワイヤレス革新と消費者の保護」に関するものだったが,iPhoneが民主党議員の間では批判の的として,共和党議員の間では自由な市場と消費者行動における選択の例として持ち出された。

 この公聴会では,AppleとAT&Tのどちらも証言していない。

 はっきりさせておきたいが,AppleとAT&Tを強制的に分離させるための法案が提出されたということはないし,法案提出に向けた話すらでていない。AT&TはiPhoneを米国で今後5年間販売するための独占契約を結んだと報じられている

 小委員会の共和党筆頭委員であるFred Upton下院議員(ミシガン州選出,共和党)は,iPhoneについて「それが初期段階で成功しているのはワイヤレス市場が事実うまくいっていることを示唆している。iPhoneは消費者の心を惹き付ける最新の機種で,今後ほかの通信業者はそれを越えるように動いていくだろう」と語った。

 アナログテレビ放送の終了を前にして,700MHz帯域として周知されている貴重な帯域の一部が,2008年早々にも競売にかけられれば,連邦規制当局が(すべての通信企業が提供する全種類の携帯機器で利用できる)オープンなネットワーク標準を要求することは想像に難くない。

 「自分の電話で何をするのかを決定するのは,携帯電話会社ではなく消費者であるべき時期にきていると思う」とMike Doyle下院議員(ペンシルベニア州選出,民主党)は語った。

 まさにこの点を認めさせようと,Googleは米連邦通信委員会(FCC)に対して働きかけており,9日付けの「USA Today」紙のインタビューによると,FCC委員長のKevin Martin氏は,FCCがこの方向に向かっていると断言したようだ。

 11日,Markey議員はこの方向性を賞賛した。FCCは「この機会を逃さず,ワイヤレスサービスがオープンアクセスへと向かうチャンスを作り出すべき」だと同議員は述べており,FCCが1968年に設けた「Carterfone」規則を引き合いに出した。これは,当時電話業界を独占していた旧AT&T以外の機器も公衆電話網に接続できることを認めた裁定だ。

 率直に言うと,AT&Tの独占権や2年という必須契約期間を早期に終了する場合に支払わなければならない175ドルに関して不平はあるものの,Markey議員や同僚の民主党議員たちはiPhoneそのものにはすっかり夢中になっているようだ。

 iPhoneは「本当に素晴らしく,現在のワイヤレスで可能な魔法のような新技術を体現している」とMarkey議員は語り,Wi-Fi機能が備わっているのは「歓迎すべき付加価値だ」と述べた。

 小委員会の最初の発言者としてiPhoneに関して述べたとき,Markey議員は右手にiPhoneを握り締めていたが,のちに同僚議員からの質問で,実は自身の所有物ではなかったことが判明した。

 「私が誕生日には何が欲しいかを,妻にほのめかしただけだ」と11日に61歳になったばかりの同議員はジョークで受け流した。

 このiPhoneは,エネルギーおよび通商に関する委員会議長のJohn Dingell下院議員(ミシガン州選出,民主党)の所有だったと思われる(Markey議員の補佐は分からないと答えている)。81歳のDingell議員は,下院の最高齢ではないにしても最長老の1人だ。同議員が語ったところでは,今でも「BlackBerry」がいちばん頼りになるのは間違いないが,同時に「自分の新しいiPhoneも楽しんでいる」という。

 「技術的な問題が解消できるなら,ネットワークでどの機器を使おうかということについて,決める権限を消費者がもってはいけない理由は何があるというのだ?」とDingell議員は述べた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

関連記事