PR

 2006年度のソリューションプロバイダの業績は、売上高、営業利益、経常利益ともに前年を上回り、2005年度からの好調さをさらに加速させた。長らく抑えられていたSE単価も上昇局面に入って収益環境は好転。ただし、不採算案件の撲滅やビジネスモデルの転換に手間取り、不振にあえいだ企業も少なくない。好況期の今こそ、勝ち残りをかけたビジネス改革にしのぎを削るべきだ。



 ユーザー企業のIT投資拡大の恩恵を受け、業績は絶好調。高収益体質への変革に成功した先行企業は、いよいよ拡大路線を目指し始めた─。2006年度のソリューションプロバイダの業績からは、前年度からの業績拡大基調が一層鮮明になった状況が見て取れる。

 業績ランキング対象である売上高100億円以上の企業のうち、2004年度から2006年度の業績を比較できる140社の平均による売上高の伸びは、前年度から2.0ポイントアップして4.9%の成長だった(p.21の図参照)。ソリューションプロバイダ各社は、前年度には顧客の選別や赤字案件の撲滅に取り組み、利益回復を優先した。2006年度はそれに加え、売上高の伸びが追いついてきた格好だ。2006年度の経常利益の伸び率は140社平均で 14.9%。前年に続き2ケタの高い伸びを達成している。

成長性5%以上の企業が半数を超える

 本特集では、ソリューションプロバイダの実力を示す経営指標として「成長性(売上高伸び率)」「収益力(売上高営業利益率)」「成長性(1人当たり経常利益)」の三つに着目し、ランキングをまとめた。これを見ると、2006年度は売り上げと利益の拡大が両立する成長フェーズに入ったことがよく分かる。

 例えば成長性。売上高伸び率が5%以上の企業の比率は、2002年度から2004年度は全体の3割強にすぎなかった。業績回復が鮮明となった2005年度でも41.4%にとどまっていた。これに対し2006年度は、50.3%と半数を超えた。2ケタ成長の企業だけ見ても、2005年度の20.1%から 26.7%に増えている。収益力では、売上高営業利益率5%以上の企業の比率が2005年度の46.1%から2006年度は50.9%に上昇した。

 ただし今回、売上高と営業利益を前年比較できる159社中、黒字転換も含めた増収増益企業は88社。全体に占める比率は55%で前回とほぼ同じだ。このことから、前年度に増収増益を達成した“勝ち組”企業が、今期さらに業績を伸ばした構図が浮かび上がってくる。



本記事は日経ソリューションビジネス2007年7月15日号に掲載した記事の一部です。図や表も一部割愛されていることをあらかじめご了承ください。
同誌ホームページには,主要記事の概要や最新号およびバックナンバーの目次などを掲載しておりますので,どうぞご利用ください。
日経ソリューションビジネス・ホームページ