PR

 Justin Stangel氏の経験により,「感電死するための方法トップ10」の順位が入れ替わるかもしれない。

 「Late Show with David Letterman」のヘッドライターである同氏は先ごろ,自らが所有する「PowerBook G4」の電源アダプタでちょっとしたショッキングな経験をした。Stangel氏は先週マンハッタンで作業をしていたとき,PowerBookを起動すると何か焦げ臭い匂いがすることに気付き,アダプタ部分の近くでコードがほつれ,そこから煙や,ときおり火花が出ているのを見つけた。番組で笑いを取れると思った同氏は,煙や火花を再現するためにコードをいじるところをプロデューサーに録画させた。

 その約1週間後,その映像はYouTubeで約4万回視聴された。これはさほど大きな数字ではないが,Appleの関心を引くには明らかに十分だった。Stangel氏は,Appleの顧客サービス部門から2回電話を受けた。1回は幹部から,もう1回はシニア技術者からそのときの状況について聞かれたという。だが,保証期間が過ぎていたため,同氏は79ドルを払って自腹で予備アダプタを購入しなくてはならなかった。Appleは,自社の顧客サービスチームがStangel氏に連絡を取ったことを正式に認めている。

 Stangel氏は,アダプタコードを電源アダプタに付いているフックに巻くことが多く,そのままの状態で長時間放置しておくと,それが時間の経過に伴ってコードの摩耗につながる場合があるという。Appleのサポート資料には,アダプタ本体に「コードをしっかりと」巻かないようと忠告しているが,どこまでが「しっかり」かは人それぞれに異なる。電源コードを折り曲げないよう最大限の努力をし,家やオフィスを全焼させないよう,劣化や摩耗の有無は頻繁にチェックしよう。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

関連記事