PR

 Appleが,UNIXやLinuxシステムでプリント作業を管理するオープンソースプロジェクトである「CUPS」のソースコードを買収した。

 CUPSソフトウェアの著作権を保有するEasy Software Productsのオーナーで,CUPSの開発者であるMichael Sweet氏は先週,Appleが2月に同氏を招き入れ,この著作権を獲得したことを明らかにした。

 Common UNIX Printing System(CUPS)は,今後もGNU General Public License(GPL)やLesser GPL(LGPL)下でリリースされる予定となっている。ただし,Appleにはライセンス契約条項によって例外が適用される。

 CUPSのFAQには,「個人もしくは法人によってApple Operating System向けに開発され,CUPSのイメージングライブラリにリンクされている,もしくはCUPSと一緒に提供されているサンプルフィルタやバックエンドをベースにしたソフトウェアは,いかなるものもこれをCUPSプログラムの派生物もしくは集合物とは見なさず,GNU GPLの条項で義務づけられているソースコードの公開を免除される。この例外はApple OS向けに開発されたソフトウェアだけに適用され,ほかのOS向けに配布されるソフトウェアには適用されない」とある。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

関連記事