PR

 Trend Microは米国時間7月29日,一般ユーザー向けのSaaS (software as a service)に対する取り組みを拡大する戦略の一環として,小中規模企業およびエンタープライズ市場向けの「SecureCloud」をリリースした。その目的は,顧客らにソフトウェアをインストールさせることなく,さまざまなサービスを提供することである。

 利用できるサービスは,電子メール評価,電子メールホスティング,ボットネットIDサービスなどである。ボットネットIDサービスは,攻撃を受けたユーザーのマシンから送信されたコマンドや制御メッセージを,ISPがフィルタリングすることを可能とするものである。また同サイトにある機能の1つに,IP評価検索というものがあり,IPアドレスを入力すると,それが信頼できるアドレスかどうかをTrend Microが教えててくれる。

 現時点では,稼働するサーバは米国の2台しかない。今後の計画としては,2007年第3四半期に欧州,中東,アフリカ,第4四半期に台湾,2008年第1四半期に日本にサーバを追加する予定である。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

関連記事