PR

 Sun Microsystemsが,マイクロプロセッサ販売ビジネスに再度参入する。

 同社(本社:カリフォルニア州サンタクララ)は米国時間8月7日,新しい「UltraSPARC T2」マイクロプロセッサと,同チップベースのサーバを同時発表する計画だ。Sunでは,2007年後半に市場投入するサーバに8コア,64スレッド搭載マイクロプロセッサのUltraSPARC T2を採用する計画だ。

 しかし同社は,ストレージ機器,ネットワーキングデバイス,セットトップボックスなどの各種コンピュータ関連サードパーティーメーカーにも同チップを販売していく。

 Sunの最高経営責任者(CEO),Jonathan Schwartz氏はインタビューのなかで,「サーバ市場に販売対象を限定するようなことはしたくない。サーバ市場の成長速度はストレージやネットワーキング市場にかなわなくなる。製造するならもっと汎用的なものを製造して幅広い市場に投入した方がよい」と語っている。

 Sunは,これらのさまざまな市場に対応すべく,コアの数が少ないものや低消費電力版など,T2を複数のバージョンで投入する。

 フル機能の本格版UltraSPARC T2では,価格をどのようなチップ市場でも法外な額と見なされる1000ドル以下に抑えるが,シンプルなデザインのチップでは価格をさらに下げる。Schwartz氏によると,Sunでは既に,購入が予想される世界各国のネットワーキングやストレージ関連など,複数の企業に対して説明を行っているという。

 しかし,Sunがこれをビジネスとして確立するのは容易なことではない,と少なくとも1人のアナリストは話している。

 Insight 64のアナリストNathan Brookwood氏は,「チップを購入するときは,チップの販売を専門にするところから買いたいと考えるものだ。これまで膨大な量のPowerPC用コードを書いてきたCiscoを説得できるかどうかにかかわらず,UltraSPARCへの移行は大仕事になる」と語っている。

 それにもかかわらず,Brookwood氏は(これまで「Niagara 2」と呼ばれていた)UltraSPARC T2のパフォーマンスを高く評価し,Sun製サーバのパフォーマンスが大幅に向上する,と語っている。Sunのサーバは,UltraSPARC T1サーバ発売時にもパフォーマンスが飛躍的に向上している。

 Sunは,ここ最近やや活気づきつつもある。ここ数四半期はマーケットシェアも回復し,6月締めの四半期には38億ドルの売上高から3億2900万ドルの利益を計上した。昨年同期の決算は3億100万ドルの赤字だった。

 Sunは,1990年代前半から半ばにかけてサーバメーカー各社へのUltraSPARCチップ販売を試みたが,事業は縮小してしまった。それ以降,Tadpole ComputerがSPARCベースのノートPCを販売するなど,UltraSPARCチップはほかのメーカーにも採用されてはいるが,Sunはこのビジネスに大きな力を入れてこなかった。

 SunはエグゼクティブバイスプレジデントのDavid Yen氏指揮のもと,2007年前半にマイクロプロセッサグループを設置した。しかし,同グループはこれまで,UltraSPARCチップの製造ライセンスを他社に発行することに集中していた。Sunでは,チップ単体ではなく,完成したサーバに搭載するコンポーネントとしてUltraSPARC T1を販売している。

 ある意味,顧客はこのような形で既にSunの機器を利用していると,Schwartz氏は語る。顧客を調査したところ,UltraSPARC T1サーバ購入者の85%が同製品をサーバとして利用しており,残りの15%は従来のサーバ以外の機能で利用していることが分かった。

 Sunのソフトウェア事業部も新市場への参入を再び進める,とSchwartz氏は語っている。UltraSPARCハードウェアが増えることで,SolarisやJavaに移行する顧客も増えると,同氏は断言した。

 だが,Sunの判断は,おそらくコストも一因となっている。新しいマイクロプロセッサの設計には数百万ドルのコストがかかり,競争力を維持するには数年おきに新しいチップやチップアーキテクチャが必要になる。いわゆるx86チップがサーバ市場を席巻したのも,製品の速い開発サイクルが一因だった。IntelとAdvanced Micro Devices(AMD)には,両社のチップのパフォーマンスを向上させることができた。

 製造コストはもちろん,設計費用も高くなれば,チップメーカーが赤字を避けるためには,製品を可能な限り大量に販売する必要がある。

 このような道をたどったコンピュータメーカーはSunが最初ではない。IBMも,自社のPowerPCチップを数年前からネットワーキング市場向けに販売してきた。PowerPCの売り上げは,Appleが同チップを自社のコンピュータに採用していたときでさえ,ネットワーク向けが大半を占めていた。

 Intelも,x86チップを通信機器向けに販売している。

 Sunの幹部やエンジニアは,テキサス州オースチンで今週開催されるイベントで新チップのベンチマークや各種データを公表する。UltraSPARC T2は8つのコアを搭載し,各コアが8つのスレッドを管理できる。各コアのスレッドごとに1つのOSを処理できるため,1基のチップで64個のOSを同時に実行できる計算だ。

 Schwartz氏は,「ベンチマーク結果は間違いなく驚異的だ」と語っている。

 UltraSPARC 1は8つのコアを搭載しているが,各コアはわずか4つのスレッドしか実行できない。

 新チップはさらに,暗号アクセラレーションエンジンを8つ,10ギガビットイーサネットポートを2つ,そしてメモリチップへの高速アクセスを実現するメモリコントローラを1つ内蔵している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

関連記事