PR

 Appleはホッと一息つけるだろう。ソニーが2008年3月以降に同社の「Connect」ミュージックストアを閉鎖する計画であるとのニュースが米国時間8月30日に浮上したためだ。

 もちろん,ソニーが判断を誤ったこのダウンロードサービスがAppleの「iTunes」にとって脅威となったことは一度もなかった。デジタル音楽市場参入という同社の試みは,当初からソフトウェアの問題を抱え,消費者の興味を失わせてしまった。

 ソニーは,Connect閉鎖の理由として,同社デジタル音楽環境を拡大し,「Windows Media」をサポートすることをあげている。しかし,Connectが当初から消える運命にあった理由は明確だ。

 このプロジェクトは,Connect開発チームが政治的駆け引きに走り,内部抗争を繰り広げるなど,自ら足を引っ張った。

 また,ソニーがConnectを立ち上げたとき,同ソフトウェアにはあまりにバグが多く,同社はいら立つ顧客に対し,Connectの前にあった「SonicStage」を代わりに利用するよう呼びかける措置まで講じた。ソニーの米国法人に至っては,Connectのリリースを拒否する姿勢まで見せた。

 かつて「Walkman」でモバイル音楽分野を席巻したソニーは,ソフトウェアの問題修正に失敗し,Connectの開発を2006年4月に断念した。基本的には,それがConnectの終焉だった。

 ソニーはConnectの顧客に対し,既存の楽曲ライブラリをディスクに保管するよう伝えた。閉鎖に関するそのほかの質問はConnectのサイトに掲載されている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

関連記事