PR

◆編集長から

 特集1はずばり「残業ゼロ」を目指す現場を取り上げました。IT業界をもう“3K”などと呼ばせない――たくさんの現場エンジニアの方からそのための工夫やノウハウをお聞きできました。特集2は「ユーザー・マニュアル作成術」。皆さん,マニュアルで苦労されていませんか。どうかこの特集で悩みを解消してください。このほか組み込み開発の現場レポート,データセンターのセキュリティ検証など,今月号も盛りだくさん。新連載講座6本もスタートしました。今がご購読のチャンスです!

特集1「目指せ!残業ゼロの現場」

 「ITの現場には残業がつきもの,仕方ないよ」。あなたはそうあきらめてはいませんか。確かに残業は避けられないものかもしれません。ですがその残業,ちょっと注意しておけばやらずに済んだのではないですか? もしそうなら今すぐ撲滅しましょう。そんな残業を続けていては,夢も希望もやる気もなくしてしまいます。

 現場のITエンジニアに取材したところ,「残業ゼロを目指して成果を出している現場」や「残業ゼロを実現させている現場」があると分かりました。どうすれば残業を減らしたりなくしたりできるのでしょうか。この特集では,30近くの現場への取材の結果を基に,残業削減策の具体例をふんだんに紹介しました。IT現場のエンジニアと同じく残業がつきものの記者には,なかでも「毎日,あるものを宣言する」が参考になりました。心の中で宣言することから始めてみたいと思っています。

 具体例と併せて,残業減らしのエキスパート2人へのインタビューも掲載。「チームのみんなで,あるものを読むと残業がなくなる」という話は,記者にとって目からうろこが落ちるようでした。「毎日何を宣言すればいいのか」「みんなで何を読めば残業がなくなるのか」――答えはぜひこの特集を読んで,記事の中から探してみてください。記者としては,記事すべてを読みどころとして推したいのですが,あえて二つ挙げるとしたら,答えが書かれている部分になります。ちなみにヒントは,前者の答えが漢字4文字,後者はカタカナ2文字です。

(西村 崇=日経SYSTEMS)

◆特集2「ユーザー・マニュアル作成術」

 「ユーザーがシステムを使いこなせない」「操作ミスがたびたび起きる」「運用担当者がサポート業務に忙殺される」――。こんな悩みを持つITエンジニアの方にぜひ読んでほしい特集です。こうした問題の根底には,情報システムの操作方法を示した「ユーザー・マニュアル」の不備があります。

 今回の特集では,ユーザーの理解を妨げるダメなマニュアルのポイントを明らかにし,構成要素,文章表現,デザインをどのように改善したらよいかを探りました。第一線のエンジニアやコンサルタントが明かす“必勝テクニック”をどうぞご覧ください。

(池上 俊也=日経SYSTEMS)

◆新連載講座スタート!

図解でもっと磨くプロマネ技術
「思い出のアルバムからは何も見えない」

SOAきほんのき
「いまSOAを取り入れるメリット」

コミュニケーション・スキル再入門
「初対面の緊張を和らげよう」

ほか3講座