PR

 アクセス管理とSSO ソリューション『WiseGuard(ワイズガード)』が指紋認証に対応しました。これにより、ユーザは、ログイン時に指紋が一致すれば、 WiseGuardのSSO機能によって予めアクセスを許可されたアプリケーションに、自動的にログインできます。
 WiseGuardのSSO は、ユーザに代わってパスワードを自動代行入力する方式で、既存アプリケーションに変更を加えず、指紋認証による集中アクセス管理を実現できます。クリティカルなアプリケーションへSSOを行う場合には、再度の指紋認証を要求する設定も可能です。WiseGuardは認証サーバとして既存のLDAPサーバ(ActiveDirectoryやLDAPv3準拠ディレクトリ)をそのまま使用できるため、新たにサーバを立てることなく容易にSSOを導入できます。ユーザはパスワード入力を省略でき、煩雑なパスワード管理も必要としないため、利便性が増すだけでなく生産性をより高めることができます。ネクサンティス・ブースでは、「WiseGuard+指紋認証」他、各種セキュリティソリューションを展示・紹介いたします。
<小間番号:2091>
URLhttp://www.nexantis.co.jp/News/83-WiseGuard