PR

 大手動画共有サイトであるYouTubeは,カリフォルニア大学バークレー校では重要な教具となっているようだ。

 同校は米国時間10月3日,講義をそのまますべてYouTubeに投稿したことを明らかにした。

 バークレー校関係者は声明で,同校は講義を完全な形でYouTubeに投稿した初めての学校であると主張している。ビデオ録画された300時間以上の講義が,youtube.com/ucberkeleyで利用可能になる予定だと述べた。

 バークレー校は,この取り組みを拡大していく予定だと述べている。YouTubeで配信されている講義の科目は,化学,物理,生物学である。また,Google共同創業者であるSergey Brin氏が2005年に行った検索エンジン技術に関する,講義も配信されている。

 UC Berkeley on YouTubeによって,大学生活や学問的研究,行事,運動競技などが公の目に見えるようになる。これは,大規模なコミュニティーに向けたオープンな教育コンテンツで,われわれの豊かな伝統を基礎とする,とカリフォルニア大学バークレー校で学部教育を担当する副学長を務めるChristina Maslach氏が声明で述べた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ