PR

 撮影した写真から余計な背景(例えば,サッカーをしている自分の娘の後ろに写っている群衆など)を消去したい場合,従来は,Photoshopなどの高性能ソフトウェアでさまざまな選択をする必要があった。しかし,仮に所有するコンピュータが,撮影者が写真を撮影した時と同じように画像の奥行きを認識し,被写体の子どもから一定の距離にあるすべての背景を消去するようコンピュータに命令できたらどんなに便利だろうか。

 最近,Adobe Systemsが公開し始めた技術は,上記のような使い方も可能だ。この技術は,先週Audioblog.frサイトに掲載された記者会見の映像でも見ることができる。

 Adobeのデジタルイメージング製品開発担当バイスプレジデントのDave Story氏は,この技術のいくつかの機能を披露した。Story氏が最初に披露したのは,昆虫の複眼に似たレンズだ。このレンズは,複数の小さな画像をカメラに送る。その結果,複数のサブ画像付き写真が完成する。これらのサブ画像は,微妙に異なる視点から同時に撮影されたものだ。

 そして,コンピュータはこれらの情報から撮影された光景のモデルを三次元(3D)で再現する。

 次にStory氏は,ある画像がこの3D認識に基づいて大きく変化する映像を披露した。この画像は,一番手前に写っている像,手前の像と背景の中間に写っている像,そして背景の壁という3つの要素で構成されている。その映像には,ある人物が視点を左右に変化させた場合のシミュレーションが映し出された(しかし,その情報が複数の視点から撮影されていることを考えれば,視点を左右に変化させられるのは当然のことだ)。

 しかし,その後に映し出された写真の変化は,より珍しいものだった。それは,元の写真の焦点を人為的に変化させるというものだ。元の写真は中間の像に焦点が当てられていたが,その焦点を前方の像と背景の壁の両方に変化させた。Story氏によると,この技術を開発したエンジニアは,ソフトウェアの開発に1週間かかり,このシミュレーションを行うのにさらに1週間かかったという。

 Story氏によると,この奥行きを変化させるアイデアは,ニュース用写真の被写体が柱のすぐ前に立っている(と写真撮影後に気付いた)場合に役立つという。しかし,この3D認識技術を使った写真の変化は,さらに有効な使い方が可能だ。「3D修正ブラシを使えば,例えば,被写体の頭の後ろにあるものを全て消すことも可能だ」(Story氏)

 Story氏は,このアイデアのデモは行わなかったが,この3D技術の別の応用法を披露した。「仮にすべての画素の三次元を認識できるとして,焦点(調節用)ブラシを作れたらどうなるだろうか。仮にその3Dブラシを使って,写真に写っている光景の焦点を調節できたらどうなるだろうか」

 Story氏はそう述べた後,同氏の言うその焦点調節ブラシ(と焦点をぼやかすブラシ)がどのようなものかを実演して見せた(うがった見方をすると,Story氏は単に1つの焦点層に別の焦点層をコピーしただけなのでは,とも考えられるが,1つの画像から複数の焦点面を作り出す点は見事だ)。

 Story氏は,「これを物理カメラで行うのは不可能だ。この複眼レンズとデジタル暗室の併用により,いわゆるコンピュータ写真撮影が可能になる。コンピュータ写真撮影はまさに未来の写真撮影だ」と述べ,さらに「従来の物理カメラでは不可能だったことが可能になればなるほど,人々はより印象的かつ説得力のある自己表現が可能になる」と付け加えた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

関連記事