PR

 Appleの開発者たちが現在,Mac OS X Leopard向けの最初のアップデートをテストしていると,あるサイトが報じている。

 AppleInsiderによると,Leopardのリリース10.5.1では,Time Machineやファイアウォールの不具合,異なるボリュームへのファイル移動に関するFinderの問題など,複数のバグが修正されるという。アップデートは数週間以内に公開されると思われる。これは,Tigerの最初のアップデートがリリースされたときと同じペースである。

 Leopardの初期ユーザーは,アップデートが公開され次第,これをダウンロードできるだろう。アップデートが公開されたら,また改めて記事でご報告するつもりだ。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

関連記事