PR

 YahooおよびAdobe Systemsは米国時間11月29日,Adobeの「Portable Document Format(PDF)」にクリック課金型広告を提供することを明らかにした。これによりウェブパブリッシャーは,コンテンツと内容的に関連のあるウェブサイトや電子メールを通じて配布されるPDFファイル内に,広告を挿入することが可能になる。

 テキスト広告はPDFコンテンツの右側に表示され,キーワードや関連するコンセプト解析によって合致した内容となる。この広告は動的なもので,時間によって表示される広告を変えられるし,広告がクリックされれば広告主のウェブサイトにリンクする。

 パブリッシャーは自らのPDFコンテンツをYahooの広告提供システムにアップロードし,Yahooのシステムを通じて状況を追跡する。広告のクリックを通じて売り上げがあがれば,パブリッシャーは取り分を得る。そして,Yahooはクリック毎の広告売り上げをAdobeと分け合うことになる。

 このサービスは,PDFを利用するパブリッシャーがYahooの広告ネットワークにアクセスできるようにし,パブリッシャー自身の営業力を使ったり,自分で広告を挿入する手間を必要とせずに,コンテンツから売り上げを得られるようにするものだと,Yahooのパブリッシャーソリューション部門バイスプレジデントのJosh Jacobs氏は語った。

 ベータ版に参加したパブリッシャーには,2007年に入ってウェブのみのフォーマットに移行したInfoWorld(IDG傘下)の他,Wired,Pearson Education,Meredith,Reed Elsevierなどがある。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

関連記事