PR

UPDATE Second Lifeを提供するLinden Labで,大きな騒動が起きそうな気配だ。

 仮想世界ブログのMassivelyによると,Linden Labの最高技術責任者(CTO)で4番目の社員であるCory Ondrejka氏は,最高経営責任者(CEO)のPhilip Rosedale氏に解雇を言い渡されたという。

 これはSecond Lifeにとって大きなニュースとなる。というのも,Ondrejka氏は初期からの社員であり,Linden Scripting Languageを作成,開発作業を担当してきた人物だからだ。

 だが,Massivelyが米国時間12月11日に掲示した電子メールによると,Rosendale氏はOndrejka氏を調和不可能な意見の違いで解雇したようだ。この電子メールは,Rosendale氏がLinden Labの社員に宛てたものと思われる。

 Rosedale氏の電子メールの本文は以下の通りだ。これは,Linden Labの社員と名乗る人物がMassivelyに提供したものだ。

 「CoryがLLを辞めることになった。Coryは7年間勤務し,4番目の社員だ。だから,これは大きなニュースだ。Coryは社にとって重要な存在で,SLの大部分を設計し,たくさんの社員を雇い,文化に大きく貢献し,SLとLLに大きな発言力を持っていた。特に,Coryは『The Love Machine』開発を最初に構想し,スクリプト言語を単独で作成し,2001年にA&Oをやるように仕向けた人物だ。Coryを失うというのは,社にとって残念なことだ。さびしくなる。さらに残念なのは,彼の離職は私の意志だということだ」

 「Lindenを今後,どのように運営していくかに関して,Coryと私の意見は異なっていた。この違いは,数カ月前から調和不可能になった。このようなテンションは,会社が小さいときにはやりすごせたし,テンションがあるからこそすばらしい仕事が実現したときもあった。だが現在,われわれは変化し,社として成長している。開発統括にあたって,これまでとは違う強みが必要だと私は感じている。今回の決断は,痛みを伴うものだが,LLとCoryの両方にとって正しいものだと強く信じている。もちろん,われわれの間の意見の違いについて詳細を説明するつもりはない。私があなたたちのリーダーである限り,あなたたちも私の決断を信じなければならない。今回もそうだ」

 この状況が真実であるとすれば,これはかなり大きなニュースだ。Second Lifeを定期的に利用しているユーザーなら知っているように,Second Lifeには数年前から修正されていない技術的問題がたくさんある。これらの問題に対応しようとしているのが誰かは明らかではないが,CTOであるOndrejka氏は間違いなくなんらかの形で管理していたはずだ。

 一方で,Rosendale氏もCEOとして明らかに,このような問題を監督していたはずだ。

 現時点でわれわれにいえることは,Linden Labはちょっとした混乱状態にあり,混乱が収まるまではこの状態が続くだろうということだ。


 米国太平洋標準時午後8時17分アップデート:CNET News.comからの問い合わせに対し,Linden Labは声明を出した。さらなる詳細については,12日にも誰かが連絡をするだろうと同社関係者は述べた。


 声明は,Rosedale氏の代わりに出されており,次のように述べている。「CTOのCory Ondrejkaは,新たな仕事上の挑戦を社外に求めて年末でLinden Labを去る。私は,この機会を利用して,Linden Lab,そして,オリジナルバージョンや継続中の進展におけるSecond Lifeに対するCoryの多大な貢献に感謝したいと思う」


 「会社の成長に伴い,その必要性は変化する。CTO,つまり,技術リーダーの役割も変わった。そのため,Coryと私は,少なくともこの時点において,互いに進む道が異なっているということでは意見が一致している。Cory在任時に開発チームは非常に成長しており,われわれの技術的専門知識の幅と深さを考えた場合,開発計画への影響が予測されることはない」


 「Second Lifeの開発において,われわれはともに素晴らしいものを作り上げてきた。私は,Coryが自ら選択した分野で素晴らしい結果を残し続けるだろうと思う」

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ