PR

 2007年のクリスマス,多くの人々がクールで機能的な真新しい「iPhone」の箱を開けると,すぐさまGoogle.comにアクセスした。

 その結果,iPhoneからGoogleの検索サイトへのクエリ数が,市場シェア1位のSymbianベースの携帯電話を使用するユーザーからのグローバルクエリ数を初めて上回った。Googleではこれを「クリスマス・クロスオーバー」と名付けた。

 iPhoneの出荷台数が現在市場に出回っているSymbianベースの携帯電話の台数をはるかに下回ることを考えると,この事実は大きい。クロスオーバーはわずか数日で収まったものの,このできごとはiPhoneが通信業界に与える影響力の大きさを見せつけ,ウェブ市場が将来に向け有する可能性を垣間見せることとなった。

 Googleのモバイルおよびデベロッパー部門でバイスプレジデントを務めるVic Gundotra氏は先日,CNET News.comの取材に対し「販売台数だけでなく使い方も重要だ」と述べた。「統計から,ユーザーがiPhoneでブラウザを利用していることが分かっている」

 iPhoneは携帯電話上でウェブを簡単に低価格で利用することを可能にし,業界に革命を起こした,とGundotra氏は語る。同氏はまた,モバイルデバイス上でPCと同じ体験を可能にするiPhoneのブラウザ用に開発されたウェブアプリケーションを提供していく考えを示した。

 Macworld初日となった米国時間1月14日,GoogleはiPhone用ウェブアプリケーション用の新しいユーザーインターフェースを公開した。これにより,「Gmail」や検索機能,「Google Reader」「Google Calendar」「Picasa」などのサービスがこれまでよりも使いやすく,カスタマイズしやすくなる。同社はiPhone用に「iGoogle」も最適化した。

 新たに届いた電子メールは自動的に表示されるようになり,更新ボタンを押す必要がなくなった。メッセージを25秒以下で相手に届けることができ,オートコンプリート機能により従来より短時間でメールを作成することが可能になっている。カレンダー機能では,一目でその月の予定を表示できるようになった。お気に入りのアプリケーションは画面上部のタブに表示され,切り替えることができる。

 「このアプリケーョンは『Android』(2007年11月に発表されたGoogleのモバイルソフトウェアプラットフォーム)で威力を発揮する」とGundotra氏は言う。

 次に来るのは何か。YouTubeに対応するGoogleアプリ,はたまたiPhoneの電源を入れるとホームスクリーンに表示される「Google Map」 だろうか。

 Gundotra氏はいたずらっぽく笑う。

 同氏はこの質問に対し「1つ気に入らないのはモバイルアプリをオフラインでは使えないことだ」と答えた。

 Googleは2007年5月,インターネットに接続していないときでもウェブアプリの使用を可能にする「Google Gears」を発表した。そう考えると,もう間もなく同社が同様のものをモバイルでも発表すると見ていいだろう。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

関連記事