PR
1月30日(水)の午前9時45分から,メインシアターで「オープニングセッション」を開催する。ゲストはアクセンチュア社長の程近智氏(写真左)。司会はITproディレクターの浅見直樹(同右)が務める

 サブプライム問題に端を発し,急激な株安,そして円高…。日本企業を取り巻く環境変化が著しい。激動のうちに幕を開けた2008年をいかに生き抜くのか---ICTの利活用が,企業経営の命運を分ける。

 2008年1月30日から開催するITpro EXPOは,今後のIT経営戦略を立案する上で欠かせない技術情報・製品情報・トレンド情報を提供するとともに,ICTの未来の姿をIT部門の方に体感していただく場になることだろう。

 そのオープニング・セッションでは,アクセンチュアの程近智社長をゲストとしてお招きし,ITproディレクターの浅見直樹と共に,2007年の総括と2008年の展望を語り合う。程社長には,新しい時代のエンタープライズ・システムを実現する上でカギとなる六つのキーワード,「インターオペラビリティ」「プロセス・セントリックIT」「インフラ・バーチャリゼーション」「 ITインダストライゼーション」「コラボレーション」「エンタープライズ・モビリティ」を提唱していただく。