PR

 米国内のiPhoneに対する需要はすでに低下し始めているのだろうか。

 米国でiPhoneを独占販売するAT&Tは米国時間1月24日,業績発表の電話会議の中で,第4四半期のiPhoneのアクティべート数は90万件だったと発表した。同社の幹部によると,2007年終了時点での「iPhoneの総契約者数は200万人ちょうどか,それをわずかに下回る」という。

 Appleは「Macworld」の中で,1月半ばまでのiPhoneの総販売台数が400万台に達したと発表した。調査会社Sanford C. Bernsteinの金融アナリストであるToni Sacconaghi氏は,両社が発表した数字の食い違いについて,Appleが需要の問題を抱えている可能性があると指摘する。Sacconaghi氏は24日,AT&Tの決算発表後にリリースしたリサーチノートの中で,AT&Tが示した数字は,AppleがiPhoneの販売を委託している提携企業で相当な数の在庫が積みあがっていることを示唆している,と述べている。

 Sacconaghi氏はレポートの中で次のように述べている。「われわれの考えでは,このデータはiPhoneの販路で相当数の在庫が積み上がっていることを示している(中略)これは以下の2つの点で問題だ。第一に,iPhoneに対するエンドユーザーの需要が,多くの投資家がAppleの売上高を基に考えているほど高くないことをこのデータは示している。第二に,同データは,今四半期のiPhoneの売れ行きが鈍化する可能性を示唆している。なぜなら,これらの在庫の大半は徐々に減少する可能性が高いためだ」

 この見解を検証してみよう。Appleは24日に2007年のiPhoneの総販売台数は370万台だったと発表した。しかし,AT&Tは同日,2007年末時点のiPhoneの総契約件数はおよそ200万件だったと発表している。

 第3四半期と第4四半期との間で気温以外に大きく異なっていたのは,第4四半期に英国,ドイツ,フランスの3カ国で,AT&T以外の事業者を通じてiPhoneが発売された点だ。しかし,2007年の欧州におけるiPhoneの販売台数に関する最も楽観的な予想でさえ,170万台には遠く及ばない。英国でiPhoneを独占販売する携帯事業者O2によると,同社のこれまでの累積販売数は恐らく20万台ほどだという。またフランスのOrangeとドイツのT-Mobileの同年の販売実績もそれぞれ10万台程度と見られる。

 では,残りの130万台のiPhoneは一体どこに消えたのか(Sacconaghi氏は,欧州におけるiPhoneの累積販売台数を35万台と予測しているため,残りは140万台としている)。第一に考えられるのは,ロックが解除済みのiPhoneが相当数出回っているという説だ。

 しかし,それは可能なのだろうか。Great iPhone Hack(iPhoneに対するハッキング行為)は,1.1.2ファームウェアがリリースされたことで,ちょっとした手詰まり状態に陥ってしまった。Appleは,英国とドイツでiPhoneが発売された当日,既存のiPhoneユーザー向けに1.1.2ファームウェアアップグレードをリリースしたが,新しいiPhoneには,ブートローダー(ストレージからソフトウェアをロードするプログラム)のアップデート版を搭載していた。このブートローダーにより,ソフトウェアを使ってiPhoneのロックを解除し,他のネットワーク上で使用可能にすることが非常に難しくなり,事実上不可能になった。

 Appleの最高執行責任者(COO)であるTim Cook氏は2007年10月,ロック解除目的で購入されたiPhoneの数は恐らく25万台に上るだろう,と予測した。しかし,今回は総計を確実に予想する手段が同社にないとして,予想は示さなかった。Sacconaghi氏によると,仮に2007年に販売された全iPhoneの2割(10月時点のCook氏の概算)がロック解除目的で購入されたと考えても,2007年に行方不明になったiPhoneがまだ67万台あるという。それらは一体どこに消えたのか。

 恐らく,それらのiPhoneはどこかの店の棚に在庫として残っているのだろう。Sacconaghi氏はレポートの中で次のように述べている。「現在,世界にはAppleの直営店を除き,iPhoneの販売拠点がおよそ4400カ所存在する。つまり,2008年はじめの段階で,一カ所当たり150台以上の在庫を抱えている計算になる。Appleが早いペースでiPhoneを出荷し続けていることを考えると,それらの在庫は2008年の最初の数週間でさらに積みあがる可能性が高い」

 Appleは依然として,2008年のiPhoneの年間販売台数1000万台を目指している。ただ,アジアや欧州の他の国々でiPhoneが発売され,新たな3Gモデルの発売や値下げ,ソフトウェア開発者用キットのリリースに伴い2月に効果的な新しいアプリケーションが提供されることがあれば,これらのいずれか,あるいはすべての要因によりAppleの目標は容易に達成することができるだろう。多くの人々がより高速なiPhoneを心待ちにしているとはとても思えない。

 しかし,米国のiPhoneブームが発売後わずか6カ月間ですでに沈静化しているというのも信じ難い話だ。ただ,今週のウォール街では,Macの出荷台数の上昇やホリデーシーズンをまたいだ四半期の好調な業績にも関わらず,Appleに対する明確な懸念が広がっている。Appleの株式は今週15%下落した。確かに,今週は多くの企業にとって悪い週だった。しかし,23日と24日には広く回復基調にあったにもかかわらず,同社株価は24日も値を下げ続けた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したも のです。海外CNET Networksの記事へ

関連記事