PR

 AppleのMac OS X,MicrosoftのWindows,そしてLinuxというOSを,公の場で互いに競い合わせるハッキングコンテストが,3月にバンクーバーで開催される。

 「CanSecWest Vancouver 2008」セキュリティカンファレンスのオーガナイザーが主催する今回のハッキングコンテストは,多くのセキュリティ研究者が,MacBook Proと1万ドルの懸賞金獲得を目指して競い合った,2007年のCanSecWestで開催された「PWN to Own」コンテストの再来となる。PWN to Ownの賞は,MacBookへの侵入に,QuickTimeのゼロデイ脆弱性を用いることに成功した,セキュリティ研究者のDino Dai Zovi氏とShane Macauley氏が獲得した。この脆弱性は,後ほどWindowsプラットホームにも影響を及ぼすことが判明した。

 CanSecWestのオーガナイザーであるDragos Ruiu氏によれば,CanSecWest 2008のハッキングコンテストでは,Linux,Leopard OS X,Vistaという3種のOSが,互いに挑むことになる。

 米国時間2月7日にRuiu氏は「Linux,Vista,Leopardのうち,どれがよりセキュアなOSかを巡っては,議論が白熱している。Linux陣営は,独自の文句で安全性を宣伝し,Windows陣営も,あれやこれやと言っているが,Apple陣営は,いつものごとく素知らぬふりである。私は,何よりも論より証拠であると思う」と語った。

 Ruiu氏によれば,今回のコンテストの賞には「何台かのノートPC」が用意される。ZDNet UKに対して,Ruiu氏は7日に,CanSecWestイベントの組織準備と,「ノートPCを買いに」行くために,東京にいると話している。Ruiu氏は,まだどのノートPCを買うべきか決めかねており,何か「新しくてスリリングな」賞品を探していると語った。

 「われわれは,ギークの意欲を大いにそそるような賞を用意したい。その欲望を十分に満たすにふさわしい賞となるだろう」と,Ruiu氏は述べている。

 2007年の1万ドルの賞金は,セキュリティ企業のTippingPointによって提供された。2008年のコンテストは,まだスポンサーを募集しており,コンテストの内容も,まだ変わっていく可能性が十分にあると,Ruiu氏は語ったが,どのように変化し得るのかに関しては,何も語ろうとしなかった。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ