PR

 Microsoftは米国時間3月18日,ビジネス電話通信分野での取り組み強化の一環として,Aspect Softwareへの出資を発表した。Aspectの技術は,大規模なコールセンターの運営に利用されている。一方のAspectは,同社のソフトウェアとMicrosoftのユニファイドコミュニケーション(UC)製品との相互運用を確実にする。

 Microsoftのコーポレートバイスプレジデント,Gurdeep Singh Pall氏は次のように述べている。「MicrosoftのUCビジョンは,必要とする人々や情報へのアクセスを改善し,業務の質,スピードの向上を図ることにある。われわれはAspectと協力し,コンタクトセンターでこのビジョンを実現する」

 Aspectは2008年内に,MicrosoftのOffice Communications Server 2007と連携して動作するソフトウェアの新バージョンをリリース予定だ。

 Microsoftは,将来,電話通信がOfficeなどの製品を担当するビジネス部門の最大の成長分野の1つになると期待している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

関連記事