PR

 Zoho Writerで,グループ指向の検索機能を開発する際のバグにより,共有ドキュメントを意図しないユーザーに表示するという事態が発生していた。

 Zohoは米国時間5月18日,このバグを修正するとともに,その影響は限定的と述べた。しかし,筆者は,ユーザーとして,個人的なドキュメントをオンラインに置くことについて,もう一度よく考える必要があると思った。

 18日朝,筆者は,Zoho Writerページで「サッカー」について検索した。検索結果には,私のドキュメント2つとともに,私の知らない他のユーザーが作成した7つのドキュメントも含まれていた。

 筆者は,Zoho技術エバンジェリストに問題を連絡した。その結果,問題は同社技術チームにすぐさま伝えられた。何度かやり取りをしたあと,Zohoチームは,バグを特定し,修正した。

 問題が発生した原因は,Zohoが加えた共有ドキュメントを検索する機能にあった。

 特定条件の下でシステムにバグがあった,と同社技術者は述べた。インデックスは数時間だけ稼働したが,それをZohoが止め,別の品質保証テストを実行した,という話だった。

 Zoho側は,謝罪し,バグの重大さをはっきりと認めている。問題は,あまり発生しない状況下で発生している。しかし,その問題により,筆者はためらいを感じている。誰も私のドキュメントを偶然見ることはなかったのか?

 全体的に見て,筆者はウェブベースドキュメントをよく利用している。たとえ,Zoho Writerのように製品がベータテストバージョンでもだ。しかし,この問題は,プライバシーに関する問題を再提議し,消費者とウェブサービスプロバイダーの信頼感の重要性を強調した。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

関連記事