PR

 世界最大のチップメーカーIntelは米国時間7月15日,堅調な2008年第2四半期決算を発表した。同社最高経営責任者(CEO)のPaul Otellini氏にとって,この日のニュースは大部分が喜ばしいものだったが,決算発表の電話会見では,「Atom」プロセッサに関する問題と同社のフラッシュメモリ事業における弱さが,またしても話題にのぼった。

 15日の電話会見におけるOtellini氏の最も興味深い発言の1つは,Atomプロセッサに関するものだった。「(Atom)は,性能面では当社の『Centrino』(プロセッサ)の3分の1にも満たない。皆さんは,われわれのほとんどが使わないようなものを問題にしているのだ」と同氏は述べた。

 Otellini氏は続けて,Atomは「主にウェブアクセスのために設計されたもの」で,写真編集といった用途向けには設計されていない,といういつものコメントを繰り返すことで,前段の発言の過激さをいくぶんトーンダウンさせた。だが,同氏のコメントはAtomがIntelに突きつける課題を浮き彫りにしている。つまり,Atomは性能面でそれほど優れていないうえに,これまで長きにわたって(Atomより高性能な)「Celeron」プロセッサが築いてきた市場を食いものにする恐れがあるということだ。

 15日の電話会見では,2人のアナリストからこの共食い問題について質問が出され,Otellini氏は次のように回答した。「われわれは(Atomを)Celeronに置き換わるものとは見ていない。Atomベースで設計されているNetbook製品を見ると,価格も安く,機能もシンプルで,初めてパソコンを買う顧客,あるいは各世帯で2,3,4台目のマシンを購入する顧客を狙った,画面の小さなノートPCばかりだ。共食い現象などはまったく起きていないと認識している」

 Atomをめぐっては別の課題もある。IntelはまだAtom市場を把握できてないのだ。Atomはまだ市場開拓中の製品で,市場がどの程度の大きさになるのか,どのような展開を見せるのかはまだはっきりしない。Otellini氏は,Atomは新しい市場セグメントを創出しているとの見解を明らかにしている。しかし,Atomの主戦場は非常に低コストの市場セグメントで,これは将来,Intelの利益の足を引っ張る恐れがある。少なくとも決算発表の電話会見では,アナリストから投げかけられた質問の多くがこの点に触れていた。

 Intelは当初から,Atomは低コストセグメントでも利益を得られるように設計された製品だと主張してきた。Intelの第3四半期の粗利益率は改善するとの見通しだが,同社最高財務責任者(CFO)のStacy Smith氏は電話会見で,この予測にはAtomの収支も組み入れられていると繰り返し強調した。「わたしが予測した58%という第3四半期の粗利益率には(Atomも)入っている」とSmith氏は話している。

 Otellini氏とSmith氏は,Atomの供給不足の問題についても触れた。「Atomで供給のネックになっているのは,バックエンド,すなわちテスト環境に関する部分だ。Intelには多くのダイ(チップ)がある。需要が毎月のように増加している中,われわれは十分なテスト環境の確保に奔走している」とSmith氏は語った。

 Otellini氏は,これに加えて「この問題については,必要な数のチップセットの確保にも取り組んでいる」と話し,Intelは「2007年の11月以来,40日ごとに2008年および2009(年)のAtomの計画生産数を増やしてきた。Netbook向けだけではなく,組み込み機器,および家庭用電化製品向けのセグメントでも同様だ」と述べた。

 NANDフラッシュメモリ事業の不振は,ここ何四半期にもわたってIntelを苦しめてきた。Intelは供給量に制限を設けることで問題を解決しようとしている。「供給量の増加に歯止めをかけようと,動いている。ご存知の通り,NAND型フラッシュメモリの価格は相変らず低い」(Otellini氏)

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

関連記事