PR

 SanDiskは,「Windows Vista」がソリッドステートドライブ(SSD)に最適化されていないため,最適化されたSSDドライブの出荷を2009年まで延期すると述べた。

 SSDは今のところ,Appleの「MacBook Air」や東芝の「Portege R500」といったハイエンド向けノートPCの一部で,ハードディスクの代わりに使用されている。

 次世代のSSDではマルチレベルセル(MLC)技術を採用するが,そのためには今よりさらに精巧なコントローラが必要となる。コントローラは,SSDにとって極めて重要な部品だ。SanDiskの次世代SSDは,128Gバイトおよび160Gバイトの記録容量で,のちに256Gバイトの製品も登場する予定だ。MLCを採用したSSDは,2008年中にはさらに多くのノートPCで採用が広がると見られている。

 SanDiskの会長兼最高責任者(CEO)であるEli Harari氏は,米国時間7月21日に行われた第2四半期決算発表の電話会見で,SSDメーカーにとってWindows Vistaは特に難しい問題となるだろうと述べ,次のように説明した。「ノートPCやデスクトップPC向けのVista用アプリケーションを開発しようとすると,要求が厳しいことがすぐに分かる。それは,Vistaがフラッシュメモリを利用したSSDに最適化されていないからだ」

 これは,Vistaの設計に起因する。同氏は,「次世代のコントローラは,基本的にVistaの欠点を補うものでなければならない」と語った。

 「残念ながら,Vista環境における(SSDの)パフォーマンスは,市場が本当に求める水準に達していない。だからこそ,次世代コントローラを開発する必要がある。次世代製品は,2008年末か2009年初めにサンプル出荷を予定している」(Harari氏)

 Harari氏は,この問題こそが,SanDiskの新製品出荷を予定より遅らせている唯一の原因だと述べている。「ご存じのとおり,当社は非常にすぐれた内部コントローラ技術を持っている。したがって,遅れの原因は,率直に言って,Vista環境における限界を十分に理解していなかった点にある」

 しかし,市場のごくローエンドの製品については,この点は問題にならない。「ローエンドの超低価格PCでは,既存のコントローラで8Gバイト,16Gバイト,32Gバイトのストレージをうまく制御できる。比較的単純で,要件がそれほど厳しくないからだ」と,Harari氏は語る。

 SanDiskは東芝と合弁会社を設立しており,そこでもやはりSSDを製造している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

関連記事